雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

白と黒の領域を最大化する『市松』を遊びました

f:id:sinden:20170418221116j:plain
 AkirakunSTさんのゲームマーケット2017神戸の新作『市松』を遊びました。
 錠剤やピルを入れるのによく使う入れ物に、コンポーネントがすべて入っています。ボードはメガネ拭きを同じ素材。極限まで圧縮されているので、ポケットに常備すらできそうなサイズ感です。


 2人用アブストラクトゲーム。
 プレイヤは模様の異なるチップを5枚ずつ持って、ボード上に交互に置いていきます。
 チップがなくなったとき、自分の色の領域が最も多いプレイヤが勝利。


 ゲームの特徴としては、チップを重ねて置けることですね。
 重ねるときは、下に隙間が生まれないように置く必要があります。許されるパターンとしては、元々のチップの真上にぴったり重ねるように置くか、2つないし、4つのチップにまたがるように重ねるかです。
 目先の利を考えると、1つのチップにぴったり重ねたくなるのですが、先々を考えると、またがるように置くのが非常に有効です。特に4つのチップにまたがるように置くと、端の方は、もう上書きされることがないので、これを駆使して、いかに自分の領域を守るのが肝要でしょう。


 ボードが狭く、チップ数も限られているので、何十回と繰り返し遊べるものではないですが、冒頭に記したように、ポケットに入れられるほど小さいので、気軽に持ち運んで、気軽に遊べるゲームです。