雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

数字を積み重ねろ『ナンバーナイン』を遊びました

f:id:sinden:20171110222344j:plain
 エッセン・シュピール2017で買った『ナンバーナイン』を遊びました。
 買ったところを、Twitterに書いたのですが、


「秋山さんらしくないゲームを買いましたね」


 と言われました。
 そんなことはありません!
 けっこう、この手のゲームは好きなんですよ。『ストリームス』とか『8ビットモックアップ』とか。
 しかし、購入に至った最大の要因は価格かもしれません。12ユーロだったんですよ。日本円にすると、1600円ほど。そりゃあ、買うでしょう。


 と言うわけで、遊んでみました。
 ルールはシンプル。誰かひとりがお題カードをめくり、オープンされたカードに記載されたタイルを、自分の前に配置する。
 以上です。
 かんたんですね。


f:id:sinden:20171110230049j:plain


 ポイントは、間に隙間がなければ積み重ねられることと、より高いところにある方が得点効率が良いことでしょうか。
 最初に遊んだときは、なるべく隙間なく最効率を目指した結果、全然、積み重ねることができず、得点も伸び悩みました。
『ストリームス』でもそうでしたが、パーフェクトを狙っても運に左右されるので、ある程度、運に恵まれないことを想定して、捨てるところは捨てる覚悟が求められるかもしれません。
 また、残っているタイルの把握も大事ですね。


「今は、まだ出ていないけれど、出たときのために備えておく」


 大事です。
 ずっと待っていたカードが、タイミングよくめくられたりすると思わずガッツポーズになります。
 誰とでも気軽に遊べる良いゲームですね。気に入りました。


f:id:sinden:20171110231224j:plain