雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

七宝焼きを思わせる彩り鮮やかなな『七宝』を遊びました

f:id:sinden:20170418224657j:plain
 AkirakunSTさんのゲームマーケット2017神戸の新作『七宝』を遊びました。
 このゲームは、会場で歩いていたときに偶然、目につきました。アブストラクトゲームであることは、一目で分かったのですが、コンポーネントが可愛らしくて良いなと感じたのです。


 ゲームの目的は、自分の色を一筆書で7つ繋がるようにタイルを置いていく。それだけです。
 下に隙間が出来さえしなければタイルを、上に重ねることもできて、上手いこと相手の色を消しながら、自分の色を描いていくのが肝要です。


 ルール的には、2人用の他、3人用も収録されていますが、アブストラクトであることを考えると2人で遊んだ方が、よりゲームに集中できるのではと思います。
 ただ、そんなに遊びこんでいるわけではないですが、ゲームとしては、むしろ3人で遊べるようにデザインが進んでしまっており、これを2人で遊ぼうとすると、ちょっとぼんやりするかなとも思います。


 このゲームを遊ぶことで、AkirakunSTさんの作品『市松』、『唐草』、『七宝』と制覇しましたが、見た目の華やかさもあって『七宝』が、いちばんかなあという印象です。3作を連続して遊んで、和風テーマを楽しみながら、個々の違いを楽しむのも良さそうです。