雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

海を越え、約束の地へ……『タンポポ』を遊びました


f:id:sinden:20170524205335j:plain
 ひとりじゃ、生きられない。さんのゲームマーケット2017春の新作『タンポポ』を遊びました。
 前作『カゲロウ』がテーマ的にも、難易度的にも絶妙で、非常に面白かったので『タンポポ』も大いなる期待をもって遊びました。
……が、期待値が高すぎたのか、それともルールを間違えたのか、ちょっと……今ひとつ、というのが正直なところです。


 ストーリー的には、相変わらず抜群に良いです。
 プレイヤは「かみさま」となり、天候をコントロールすることができます。太陽光を与えたり、雨を降らせたりしてタンポポを育て、風を吹かせて次なる地へタンポポの種を導くという流れは非常に美しいです。
 しかしながら、約束の地(=ゴール)への道のりは、運要素によるところが多く、ちょっとゲームしている感に欠けるのが残念なところでした。


 運要素大きくてもストーリーが綺麗だったらOK! という方は、充分に楽しめます。