雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

シングルズからの脱出30『白鳥家からの脱出』成功しました


f:id:sinden:20171216161044j:plain
 バーシングルズでマスター池上さんが主催している謎解き『シングルズからの脱出30~白鳥家からの脱出~』の感想です。ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。


 京都アジトで『パズルルームからの脱出』の再演が決まり、『パズルルーム』が遊べるなら、行く予定のなかった『京都鉄道ミステリー』も行くかと京都の宿を抑えたら、池上さんが「シングルズからの脱出やります」とTwitterに書かれいて、しかも鶏ハムが食べられる最後の機会とのことで、京都と大阪は近所だし、これはもう足を伸ばすしかない。そう思って参加した次第です。
 参加したのは12月16日(土)の3回目の回。参加者10名に、ひゃんさんが見学でいらっしゃっていました。けっこうギュウギュウ詰めでした。


 さて、公演の感想。


 白鳥。
 と言えば、白鳥麗子。
 白鳥麗子と言えば、


「オーッホッホッ」


 だなあと思って参加したら、ほんとうに、オーホッホッが出てきて笑いました。


 なんやかんやあって謎を解くことになるのですが、相変わらずのワード系。
 そして、相変わらずの嫌な予感しかしない、でした。
 いや、もう明らかに明らかなんですよ。


「え、こんな言葉、日本語にあるの?」


 謎を解いた結果、そんな怪しげな言葉が出てくるのです。
 しかし、


「もっと、他に良い問題と、良い答えに出来たんじゃないの?」


 というツッコミは無粋です。
 何故なら、きっと後で使うからです。
 後で使うからこそ、無理な語句選択になってしまう。
 きっと、そうなのだろう。
 そう思いつつ、謎を解いていきます……。


 いえ、嘘をつきました。
 あんまり謎、解きませんでした。
 池上さんと喋るのが楽しくて、だいたいお酒を飲みながら、最近、読んだ本について語り合っていました。
 雑談していたら、


「謎、解いてよ」


 と、真面目に鉛筆を握っていたぺこらさんに突付かれて、仕方なく、


「あの、Aの問題、ヒント貰えませんか?」


 と、隣のひとに聞いたりしました。
 池上さんのシングルズ脱出は、問題が個々に配られはしますが、参加者全員で1チームなので、ヒントや答えを共有しあっても良い。という緩い雰囲気が良いですね。


 そんな感じで、あんまり謎は解かず、他の方に追従しながら進めていって、辿り着いた終盤。


 え?


 いやいやいや。


 そんな、まさか。


 いやいやいやいやいや。


 うそでしょ?


 え、マジなの?


 わひゃー!


 遊ばれていない方には、さっぱりでしょうけれども、そんな感じでございました。
 いやあ、ほんとね。
 こういう大謎、思いつきはするかもしれませんが、実現しようと考え、しかも実現できてしまうひとって、どれだけいるのでしょうか。
 前回、『クロスワードパズルキングダムからの脱出』を遊んだときも同じようなことを考えましたが、物の弾みで思いつくかもしれないけれど、実装するには手間が掛かりすぎるから、多くのひとは見送る。そんな謎を、この世に生み出してしまう。それが池上さんだと思います。
http://www.unjyou.com/entry/2017/09/25/200000


 と言うわけで、メンバーに恵まれたこともあり、ヒント請求権は使用せずにクリアできました。
 また、関西方面にいる間にシングルズ脱出が開催されるときは、ふらっと参加します。


f:id:sinden:20171216162410j:plain