雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

第33回 雪うさぎ ろんぐばーじょん_0109

 北海道は札幌の駅前で開催されていたゲーム会に参加しました。

老子敬服


(インスト:12分、プレイ時間:35分)
 ゲームマーケット2016秋の新作、やざわさんの作品です。豆好きのやざわらしく、キャラクタたちの名前が豆にちなんでいるのが、微笑ましいですね。
 ゲームとしては、上手いこと、他のひとのアクションに相乗りしながら拡大再生産を目指すものですが、意外に早くゲーム終了が訪れるのが印象的です。ようやく体制が整ってきたから、これから……! と言うところで終わってしまうので、ついつい「もう1回!」と言いたくなってしまうゲームですね。

バベル


 こちらもゲームマーケット2016秋の新作。正体隠蔽を含む、変則的なキャプテンリノでしょうか。今回は狂信者1人の計5人プレイだったのですが、ちょっと狂信者が苦戦していましたね。面白かったので、また遊びたいですね。

終わりに



 飛行機の時間が迫っていたので早めに辞することにしましたが、帰る前に全体ゲームとして企画されていたカルカソンヌを遊びました。こういう企画はいいですね、ゆるゆるとああだこうだ言いながら遊べるので、主催や他の参加者と話すキッカケにもなりますし。
 素敵な会だったので、機会があれば、またお伺いしたいですね。