雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ゲームマーケット2017神戸に行ってきましたよ_0312

 今週末にはゲームマーケット2017春が迫ってきており、2016秋で買ったゲームも、2017神戸も買ったゲームも積んでしまっているわけですが、とりえあず、レポートだけでも書こう、書いてしまおう! そう思った次第、でございます。
 前日の夜、ホテルの浴場でちとさんたち一行と会ったことが印象深いです。
 毎回、ゲームマーケットは「知り合いに会わずに、どこまで行けるかゲーム」を勝手にやってるわけですが、2016秋は国際展示場の駅でシダマさんに「あっ、秋山氏だ」と発見され、2016春は国際展示場の入口で温泉さんに「あっ、見つけた」と発見され、ついに2017神戸では前日のホテルで目撃される(それも大浴場で)。
 さて。当日、試遊したゲームの感想などを少々。

ネオス


 歩いていたら、ちょうど賽苑さんが『ネオス』の試遊卓を建てようとしていて、『ネオス』は賽苑さんの最高傑作だと思っているので、久々に遊ばせてもらいました。
 うん、面白いね! 旧版を持っているので買いませんでしたが、遊んだことのない方はマストバイです。

チキンダイスの塔


 ダイスを振って出た目の番号順に積み上げていく、チキンゲームとバランスゲームの要素をかけ合わせた作品です。試遊卓の脇をひとが通っていくたびにビクビクして、かえって楽しかったです。

クイズワーカープレイスメント


 いわゆる多答クイズの回答権を競り下ろすシステム。ワーカープレイスメントと言っていますが、競りでした。
 5問か6問くらい遊んだかな。適切な難易度だったと思います。クイズは楽しいですね。

フッチカート


『5本のきゅうり』に続き、フリーゼによるかんたんなカードゲーム。
 エッセンで買っていたのですが、英語ルールを読むのが面倒に感じていて、かつ大人数の方が楽しいと聞き、積んでいました。
 めっちゃ面白かったです。かなり、好みのゲームです。ランダム要素が非常に強いのですが、まあ、これくらいがちょうどいいんですよ。カウンティングもせずに、ゆるゆると流れに身を任せるように遊べば良いと思います。

ごいたろう

 ワンナイト新郎を遊びたいと思って居椿さんに声を掛けたのですが、いつの間にか、ごいたろうの話になっていて、なんとなく遊びました。と思ったら、いきなり6しが出て「うひゃー」となりました。