雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

思い悩み能力を失うヒーロー『スパイダーマン2』を観ました

 ヒーロー映画を面白く感じて、少しずつ観ていますがサム・ライミ監督の『スパイダーマン』(2002年)が特に面白かったので、その続編『スパイダーマン2』を観ました。

スパイダーマン2 (字幕版)

スパイダーマン2 (字幕版)

『スパイダーマン』の面白さは、やっぱりピーター・パーカーの冴えないところでしょうか。
 自身の正義心に振り回されてしまい、スパイダーマンとして活躍することに没頭するあまり、大学生活はおろそかだし、バイトは首になるし、愛するMJとの距離は縮まらず、ただひとりの親友であるハリーともギクシャク。
 高倉健だって、ここまで不器用じゃないですよ。
 挙句の果てには日常生活がなりたたなくなり、それが心労に繋がったのか、ヒーロー能力さえ失い始めるというていたらく。
 でも、ある意味、これ働く男性に通じるところがありますよね。
 せっせと働いた結果、働くこと以外の何もかもがおろそかになってしまい、そうして大切なものを失ってしまう。


 今作は敵である、オットー・オクタビアスも魅力的でした。
 彼もまた、不幸な行き違いから愛する人を失い、ドクター・オクトパスという悪役としてスパイダーマンの前に立ちふさがることになるわけですが、スパイダーマンだって、一歩間違えば悪に堕ちえますよね。
 考えてみれば『スターウォーズ』にも盛大な闇堕ちがありますし、これはアメリカ映画のひとつの定番なのかもしれませんね。


 次の『スパイダーマン3』も近々に観る予定です。
 それが終わったらリブートの『アメイジング・スパイダーマン』を観る……か、どうかは、まだ検討中です。トビー・マグワイア演じるピーター・パーカーと、キルスティン・ダンスト演じるMJが良すぎて、ちょっと、このふたり以外のスパイダーマンが受け入れられる気がしません。

合わせて読みたい

 前作の感想は、こちらです。
www.unjyou.com