雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

メタ発言が吹き荒れる『秘密結社鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ~』を観ました


『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』が面白かったので、シリーズ1作目となる『秘密結社鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ~』を観てみました。

 2007年公開の映画です。
 10年前の作品です。
 が! しかし!!
 まったく、絵柄が変わっていません!!
 昔の映画とは思えません。
 素晴らしいシステム。


 と言うわけで、観てみましたが、全体的にテレビ版っぽかったです。
 ノリも、展開も、テレビ版のまま、映画の尺に合わせてグーッと引き伸ばした感じです。
 なので途中は、ちょっとしんどかったですね。
 気の抜けるところがないというか。
 いえ、ギャグアニメなので、肩の力を抜いて観ていいわけですが、ずっとネタが続くので、ずっと観続ける必要があって、息切れしてしまいました。


 そんな感じで、ぼんやりしながら観ていたら、最後は、わりとさっくり終わって、そして、最後の最後にとんでもない爆弾が投げられ、


「え、え? どうゆうこと? どうゆうこと!?」


 と混乱しているうちに終わったので、


「も、もしかして……!!」


 と思いつつ、ネットでネタバレ感想を検索して、思わず確認してしまいました。
 いや、これ、劇場へ足を運んだ、ファンの方はびっくりしたでしょうね。最後の最後であれですからね。いやあ、すごい。


 次は観やすくなるかもしれませんし、そもそも鷹の爪団のテンション自体は好みなので、第2作も近いうちに見ようと思います。