雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ショットバーで隣のひとと遊びたい『LUCTi~ラクティ~』遊びました


f:id:sinden:20171224221451j:plain
 仙プロさんのゲームマーケット2017秋の新作『LUCTi~ラクティ~』を遊びました。
 けっこう面白かったです。
 交互にダイスをふたつ振って、出た目のいずれか片方を5×5のマスに書き込みます。すべてのマスが埋まった時、点数が高い方が勝利します。先手番プレイヤは横列でスリーペアやストレートなどの役を作ることを目指し、後手番のプレイヤは縦列で役を作ることを目指します。
 これだけ、なんですけれど、これで充分なんですよね。
 よく練られています。
 ダイスゲームではありますが、運の要素は控え目です。ふたつの出目から使いたい数を選べるのに加え、好きな場所に書き込むことができるので、けっこう自由度が高いのですよね。悩ましいポイントもゲーム中、何度かあって、出目によっては思わず悲鳴を上げてしまいます。


f:id:sinden:20171224221530j:plain


 インスト3分、プレイ時間10分という短さも魅力です。
「もう1回!」が言いやすいのは、良いゲームですね。
 タイトルにも書きましたが、ひとつのボードに、お互いが数字を書き入れることから、向かい合わせに座るよりは隣同士の方が良いです。空間も取らないので、ショットバーのカウンターでそっと遊ぶのにも向いていそうです。
 ただ、リアルダイスを振ると、カウンターを傷つけそうですし、落としたときに拾うのが大変なので、スマホのアプリを使った方が良いでしょう。気軽に遊べる良作です。
f:id:sinden:20171224221416j:plain