雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

おもちゃを集め、ガキ大将の中のガキ大将となれ『最強ガキ大将No.1』遊びました


f:id:sinden:20180112142951j:plain
 h.o.e.lさんのゲームマーケット2017秋の新作『最強ガキ大将No.1』を遊びました。
 ふしぎなゲームでした。
 珍しいデザインのゲームです。
 広義のトリックテイキングに含まれるかもしれませんが、真髄は配分にあります。


f:id:sinden:20171225185322j:plain


 配分のゲームと言えば『もっとホイップを』ですが、プレイ感は、まったく異なりました。
 どちらかと言うと、足元を見る感じです。


「おお心の友よ! ガキ大将である俺様は、全ガキからおもちゃを集め、独占しようと思ったが、お前は心の友だから、ちょっとだけくれてやってもいいぞ」


 これくらい、上から目線で足元を見ます。
 これに対し心の友はと言うと、


「あざっす! ありがたく、受け取らせていただきやす!」


 配分が適切であると考えれば、受け取ってもいいですし、


「へっ、のぼせ上がりやがって! 誰がお前みたいなやつから施しを受けるもんか!」


 さすがに足元を見すぎであると考えれば、流してもいいです。


 インスト15分、プレイ時間10分。
 配分の仕方がちょっと難しいので、最初は、ちょっと戸惑いますが、一度、方法が分かれば、そこから先はさくさくです。それまでに獲得しているカードを見れば、誰がどのカードを欲しがっているかは自明なので。


 ただ、冒頭に書いた通り、ふしぎなゲームなんですよね。
 その場その場でのやるべきことは分かるのですが、大局的に見て、どうすれば勝てるかは、いっこうに見えてこないのです。珍しいデザインのゲームに興味がある方は、是非、遊んでみてください。