雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

悪魔に襲われた都市を救え『解放都市』クリアしました

f:id:sinden:20180130160403j:plain
 謎解無限回廊の物販コーナーで販売されていた、タンブルウィードさんの『解放都市』の感想です。ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。
 中々の重量級でした。
 小謎の一つ目から、けっこうな難易度で、


「うへえ、このペースで、この難易度が続くの? マジでー」


 と、頭を抱えたのですが、序盤が、いちばんしんどかったかもしれません。
 途中から難易度が下がったのか、それともエンジンが掛かったかは分かりませんが、さくさくと進行していくことができました。
 ストーリー性が重視されていて『無限召喚都市』と同じく、女神転生感溢れるストーリーでした。状況として、都市が悪魔に襲われているというところから、よだかのレコードさんの『真・女神転生 明ケナイ夜カラノ脱出』を思い出しました。


 謎を解く度に状況が変化し、物語が進展していく様子は、60分の時間制限のある公演感があって、


「これ、個々の謎を調整すれば、ちゃんとした公演にできるんじゃないの?」


 と思ったりもしました。
 なんなら、これが『無限召喚都市』でも良かったんじゃないでしょうか?
 それくらいの充実度でした。
 同時販売されていた『無限召喚文字』は、どちらかと言うとエレガント系の謎で、その美しさや完成度の高さを愛でる感じですが、『解放都市』はどっぷりとストーリーに浸かり、楽しめる感じでした。

合わせて読みたい

 謎解無限回廊の感想も書いています。
www.unjyou.com