雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

2人専用カルカソンヌ『Carcassonne for 2』遊びました


f:id:sinden:20171106001808j:plain
 エッセン・シュピール2017で購入した『カルカソンヌ』の独立拡張の『Carcassonne for 2』を遊びました。
 タイトルから察せられる通り2人用に特化しており、タイル数は『カルカソンヌ』と比較すると大幅に少なくなっており、ミープルも2人分しか入っていません。『カルカソンヌ2 原始の営み』とはまったく異なる別のゲームなので注意が必要です。


 ルールブックをざっと読む限り、基本の『カルカソンヌ』と大きな違いはなく、上述の通りタイル数が少ないことと、ミープル数が少ないだけです。
 どちらかと言うと、規模を小さくして、可搬性を向上させたトラベル版、みたいな感じです。


 個人的には違和感の塊でした。
『カルカソンヌ』の2人プレイは好きでよく遊ぶのですが、タイル数が異なると言うことは、戦術のプレイ感も何もかもが異なるわけで、


「遊んでいるのは、確かに『カルカソンヌ』なのに、これは、私の知っている『カルカソンヌ』じゃない!」


 となるのです。
 しまいには基本には、本来、含まれない拡張タイルもいくつか入っており絶叫でした。


f:id:sinden:20171106002001j:plain


 さっくり遊べる2人用の軽いゲームを目当てにこのゲームを遊ぶのは大いにありですが、『カルカソンヌ』の2人プレイにどっぷり浸かった人間が遊ぶものではありませんでした。