雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

レガシー型ロストレガシー『ウサギのロストレガシー:聖杯探索』遊びました


f:id:sinden:20180206162151j:plain
 イリクンデさんのゲームマーケット2017秋の新作『ウサギのロストレガシー:聖杯探索』を遊びました。
 ショーナンロケッティアズさんのイラストだったので勘違いしていましたが、イリクンデさんの新作だったのですね。
 ワンドローさんの「ロストレガシーライセンス」を用いた作品で、『パンデミック:レガシー』などと同じく一度しか遊べないレガシー型という、面白い組み合わせです。


f:id:sinden:20180108203128j:plain


 ゲーム的には『ロストレガシー』なのですが、様々な条件が用意されており、ゲーム中にその条件を満たしたり、指示された方法で勝利することができれば、ミニブックを開くことができ、そこにストーリーが書いてあったり、新たなルールが書いてあったりします。
 条件は満たすことができたけれど、聖杯を見つけることができず、ゲームクリアできなかった場合、ミニブックを開くことはできません。また、聖杯は見つけられたけれど、何ひとつ条件を満たせていなければ、やはりミニブックは開けないので、試合に勝って勝負に負けた的な事態がしばしば発生します。


 序盤は、さくさくと進んでいくので気持ちよくプレイできるのですが、終盤に達成しにくい条件を残してしまうとしんどいですね。
 途中、詰まりに詰まって、暗黒時代を迎えることになりましたが、なんとかズルすることなくすべての条件を満たし、1時間10分で完全クリアできました。
 途中に苦戦を強いられたからか、クリアした瞬間は、ものすごい達成感があって良かったです。
 協力ゲームが好きな方、レガシー型が好きな方にはオススメです。