雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

強い相手でも包囲すれば勝てる『アニマーレ・タッティカ』遊びました


f:id:sinden:20180217115604j:plain
 カワサキファクトリーさんのゲームマーケット2017秋の新作『アニマーレ・タッティカ』を遊びました。
 2人プレイに特化した、ゴーアウト系のカードゲームです。
 カワサキさん自身「大富豪」と言ってしまっていますが、基本ルールはいわゆる『大富豪』(地域によっては『大貧民』……ちなみに秋山は『大貧民』派です)です。交互にカードを出していって、片方が出せなくなったら場をきれいにして、また最初から。そして、先に手札がなくなった方が勝ち。
 シンプルですね。


f:id:sinden:20180114105628j:plain


 トランプで遊べる『大富豪』との違いという観点では、目につくところでは、数字の編成が異なるところでしょうか。さらに、プレイヤは最初に、いぬ・ねこ・ぺんぎん・くまの4種類のデッキのなかからひとつを選ぶのですが、デッキごとに構成が異なっている、いわゆる非対称ゲームです。
 デッキごとに特徴があって、包囲戦が得意だったり、脳筋パワーでゴリゴリ押したり、面白いです。
 他には、パスをするたびに手札を補充するですとか、精霊カードという特殊能力カードがあったりします。


 説明としては、こんなところでしょうか。


 後、言うべきは、バランスですね。
 もう、ここはいくつもの傑作ゲームを手掛けてきたカワサキさんならではとしか言いようがないのですが、とにかくバランス調整が巧みなのです。きっと考えに考え抜いたうえで、何度も何度もテストプレイを繰り返したのだろうと察せられます。
 デッキひとつとっても、計算し尽された構成で、特殊能力カードの効果や枚数さえも「これよりも弱くても強くても駄目。完全にピッタリ」という感じなのです。


 とてつもない安定感です。
 だから紹介しやすいし、誘いやすいし、遊びやすいです。
 長く遊べるゲームを手元に置いておきたいという方、マストバイの一作です。

合わせて読みたい

 カワサキファクトリーの前作『ルールの達人』の感想も書いています。
www.unjyou.com

Amazonで購入できるみたいです

アニマーレ タッティカ/カワサキファクトリー/川崎晋

アニマーレ タッティカ/カワサキファクトリー/川崎晋