雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

戦国武将となり天下にその名を轟かせ『天下鳴動』遊びました

f:id:sinden:20180217120109j:plain
 77spieleさんのゲームマーケット2017秋の新作『天下鳴動』を遊びました。
 激烈に面白かったです。
「最盛期のクニツィアがデザインした」と言われても信じます。


 メカニクスは、ダイスとエリアマジョリティ。
 ダイスを振って、出目に応じて日本の各地に布陣することができます。全プレイヤが兵士を配置し終えたらゲーム終了。エリアごとに順位を見て、最も多くの兵力を投入したプレイヤが、城を陥落させたことになります。すべてのエリアを処理して、最も多くの勝利点を獲得したプレイヤが、ゲームに勝ちます。


f:id:sinden:20180114214338j:plain


 うーん、シンプル。


 にも関わらず面白い。


 素晴らしい。


 あまりに面白かったので、2回連続して遊びましたが1回のプレイ時間は15分ほど。
 このプレイ時間の短さで、この面白さを考えれば、ほんとうに傑作です。クニツィアの『古代ローマの新しいゲーム』の中に紛れ込んでいても、まったく違和感がありません。


 これだけだと、ちょっと割愛しすぎなので、もう少し説明しますね。
 このゲームを面白くしている最大のポイントは「援軍」です。
 エリアマジョリティの判定は、城ポイントの小さい順に処理していくのですが、各エリアで1位になったプレイヤは、隣接エリアに援軍を出すことができるのです。
 たとえば、ゲームが終了した瞬間、12の城に投入している兵力が、プレイヤAが5に対し、プレイヤBが1だったとしても、もし周辺エリアをプレイヤBが独占した場合、援軍を駆けつけることによって、12の城を処理する頃には、プレイヤAが5に対し、プレイヤBが6になっている可能性があるのです。


 ほら、わくわくしてきませんか?


 もうね、15分とは言え、プレイの最中、ずっとずーっと考え尽くしですよ! そして、ダイスの出目に一喜一憂ですよ!
 あー……書いていたら、また遊びたくなってきました。超絶面白いので、軽量級ユーロゲームがお好きな方にはマジでオススメです。