雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

かわいいからコアラも仲間に入れちゃうよ『クマ牧場』の感想


f:id:sinden:20180226165508j:plain
『イムホテップ』や『カカオ』、『スシゴー』のデザイナにして、『スモールワールド』の一部拡張にも関わっているPhil Walker-Hardingの新作『クマ牧場』を遊びました。
 激烈に面白かったです。
 こういうパズルライクなゲーム、大好きなんですよね~。


 手番にできることは、個人ボードに1つだけタイルを置く、それだけ。
 タイルを置いた際にアイコンを隠すことができれば、対応するタイルを中央の山から獲得することができるので、効率的にアイコンを隠すことができれば、効率的に新たなタイルを獲得できます。
 いくつかのタイルは、先に獲得すれば高得点が得られますが、タイルの形はそれぞれなので、自分のボードにぴったりはまるとは限りません。なるべく他プレイヤと競合しない形にしつつ、迅速にタイルでボードを埋めていくのが肝要です。


 インストしてくださったゴマ卵さんが、遊び始める前に、


「考え始めたら際限がないので、面子によっては45分くらい掛かります」


 と仰っていましたが、3人で遊んでプレイ時間20分を割っていました。
 にも関わらず、充実度的には、45分~1時間級で、ほんとうに堪能しました。


f:id:sinden:20180204183733j:plain


 とにかく計画を立てるのが楽しいのですよね。
 ちらちらと他プレイヤを眺めて、


「今、いちばんやりたいのは、ここを埋めること! あのタイルで埋めたいけれど、先に取られたら、他のタイルでも埋められないことはない。でも、次にやりたいのは、あのアイコンを埋めることだから、やっぱり、あのタイルが欲しい」


 と計画を練りつつ、状況を見て、軌道修正し続けるのが好きです。
 上級ルールを入れると、さらにもう一段、考えることが増えるらしく、ただでさえ頭から湯気が出そうなのに、さらに難しくなるのか! と思うと、わくわくしますね。

クマ牧場 日本語版

クマ牧場 日本語版