雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

リアル捜査ゲーム『歌舞伎町探偵セブン 事件3 ホストクラブ偽札事件』の感想


f:id:sinden:20180107101154j:plain
 東京ミステリーサーカスで遊べる『歌舞伎町探偵セブン 事件3 ホストクラブ偽札事件』の感想です。ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

ストーリー

ブランド品や美術品を高値で買い取る「ホスト専用質屋の咲紀」。お金に困ったホスト達を救う「歌舞伎町の女神」と噂された彼女だったが、その正体は、偽札で騙し取った品を闇のオークションで売りさばく手練の詐欺師だった。
尻尾を掴ませない巧妙な詐欺師を相手にアイドル探偵ティラミスが取った手段は、取引相手に扮して接触すること。
変装の達人ティラミスと、天才詐欺師を出し抜け!

https://mysterycircus.jp/tanteiseven/

感想

 アイドル探偵こと無口系美少女のティラミスと共に、詐欺師を追いかけるというストーリー。

某有名タレント事務所に所属している人気アイドル。卓越した演技力を駆使した変装による潜入捜査が得意。アイドル活動中は笑顔を振りまくが、プライベートで感情を露わにすることは少ない。連続ドラマの探偵役に抜擢されたことから、所属タレント事務所のツテで探偵業の勉強をしにきている。

 こんな彼女と共に、金を持て余しているホストを騙すプロフェッショナルを相手に、いかに騙し返すかというのが主旨。


 これは、面白かったですね。


 事件2の「裏カジノ・イカサマ事件」が、いかにもお使い感溢れる代物だったので、若干の、おいおいSCRAP大丈夫か? 感がありましたが、見事に盛り返してくれました。
 また、事件1の「No.1キャバ嬢殺人事件」は、


 捜査ってのは足で稼ぐもんよ!


 みたいなところがありましたが、今回のは、


 探偵は頭を使うもの。


 みたいな感じで、天才詐欺師に詐欺を働くというストーリーを堪能しました。
 全体的なプレイ時間は1時間半から2時間くらいでしょうか。
 仕事帰りに解き始めたのですが、途中で寒くなってきて、いったん中断したのでちょっと曖昧です。


 恒例の東京ミステリーサーカスに置いてあったパネルは、以下の通り。


f:id:sinden:20180107101325j:plain


 雨の日……?
 どういう意図でしょうか。
 けっこう歩き回るので、あんまりオススメはできないように感じます。
 と言うか、リアル捜査ゲームは、すべて歌舞伎町をねり歩くことになるので、どの事件を遊ぶにせよ、晴れて過ごしやすい日がオススメです。雨の日は、ミステリーメールボックスの方が良いでしょう。

合わせて読みたい

『歌舞伎町探偵セブン』の事件1から事件6までを通しての感想は、下記にまとめています。よろしければ、ぜひ。