雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

女王に仕える側近豆を植えるボーナンザ『豆の女王シシィ』の感想

f:id:sinden:20180402224500j:plain
 2013年に発表されたウヴェ・ローゼンベルクによる交渉ゲームのボーナンザの独立型拡張『豆の女王シシィ』を遊びました。
『ボーナンザ』の拡張は、主にルックアウトゲームズかアミーゴから出ていますが、これは、そのどちらでもなく、オーストラリアボードゲーム博物館がリリースしたオリジナル。題材は、オーストラリア=ハンガリー帝国の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の皇后、エリーザベト・アマーリエ・オイゲーニエ・フォン・ヴィッテルスバッハ(愛称:シシィ)ということで、すごいコラボです。


 ルールは概ね、通常の『ボーナンザ』通りです。
 基本的に各豆は2ターラーや4ターラーと交換することはできず、1ターラー、3ターラー、5ターラーと価値が跳ね上がっていきます。
 そして、特徴的なのはシシィボーンという50豆の存在。
 そう……、


 シシィ豆は50枚も存在するのです


 従来の『ボーナンザ』を根底から覆す、超パワーカードです。
 もう、この時点で面白いです。
 50豆ということは、半数弱がシシィ豆になるわけで、ドローすればシシィ豆であるという確率は、そこそこです。とは言え、実は、このシシィ豆。単体で植えることはできません。
 タイトルに書いた「側近豆」から、察しの良い方はお気づきかもしれませんが、実は、このシシィ豆、他の豆に混ぜて植える必要があります。
 それも、交互に、です。


 側近と言うよりかは、近衛兵と表現した方がイメージ的には正しいでしょうか?


 換金レートは、換金時、もっとも手前にあるカードに準拠します。
 そして、カードによってはシシィ豆よりも、はるかに換金レートが良いので、タイミングによっては育てずに、さっくり収穫した方が良いときもあれば、特定の豆から植え始めるのではなく、とりあえずシシィ豆からスタートする、というのも手です。


 基本の『ボーナンザ』の面白さを損なうことなく、最低限の追加で最大の効果を発揮する、ボーナンザの独立型拡張の中では、かなり面白いと感じました。冒頭に記した、オーストラリアボードゲーム博物館リリースということも意識すると、手元に置いておきたいゲームですね。