雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

グラブルプレイ日記『謀略の歯車』(ネタバレあり)

f:id:sinden:20180421150139p:plain
 名探偵コナンとのコラボイベント『謀略の歯車』は、コナン感に溢れましたね!
 と言うわけで、少し振り返ってみたいと思います。

コラボイベントに定評のあるグラブル

 グラブルの意外に良いところ。それはコラボイベントが雑でないこと! むしろ、コラボ相手にリスペクトを表し、全力で取り組むところですね
 今までもストリートファイターやサクラ大戦、テイルズにとうらぶ、スレイヤーズ!など、様々な作品とコラボしてきましたが、その度にイラストを原作に寄せるのはもちろん、原作を再現したシステムを新たに開発して搭載してきたり、まあ、非の打ち所がありません。
 個人的には、やっぱりスレイヤーズ!ですかね。リナ・インバースのドラグスレイブの全文詠唱!
 実際の戦闘においては、時間が掛かりすぎるのでまったく使い物になりませんが、あの詠唱を久々に聞くことができて、なんだか、もう懐かしさマックスでした。
 今回のコナンコラボもそうですが、全体的に30~40台がターゲティングされている気がしますね。

既存キャラとの組み合わせ

 グラブルには、元々、名探偵バロワと怪盗シャノワールというキャラクタがいますが、そこにコナンを混ぜることで、全体的にうまく絡めてきたなー、という印象でした。
 特に、へっぽこ感のあるバロワと毛利小五郎の相性は抜群で、終盤、女性陣を崩落する館から逃がすために体を張るシーンなんかは、劇場版コナン感があって、個人的には、けっこうグッと来ました
 ちなみに毎年やってる劇場版コナンは、けっこう感動的で、オススメ5作を紹介していますので、気になっている方は是非。

唐突な謎解き要素

 バロワイベントお馴染みの謎解きも、やっぱりありました。
 今回も、けっこう難しいと言うか、そもそも設問が意味不明と言うか、苦戦しましたが、なんとか突破できて良かったです。
 後は、劇場版ではお馴染みの博士のなぞなぞですよね。

「ある村を襲っていた魔物の群れは、日が暮れると一匹もいなくなった。さて、それはどうしてでしょう?」


(中略)


「日が暮れてナイト(夜)が来た……つまりナイト(騎士)が来て魔物を倒したから……」

 いいですね! いい!
 灰原哀の、博士をバカにする感じも含めて、最高でした。

ナウローディング

f:id:sinden:20180421150241g:plain
 ローディング画面が、専用のものになっていました。
 こういうの良いですよねー。

終わりに

 と言うわけで、明日から古戦場です。
 今回は光有利ということで、しばらく使っていなかったゲイボルグ(光)の最終上限解放をしました。素材が足りないので、すぐにレベル150にはできませんが、まあ、のんびり育てていきます。