雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ゲームマーケットでクトゥルフ神話テーマの周遊謎解き『湖底から忍び寄る死者の謎』の感想


f:id:sinden:20180510164940j:plain
 ゲームマーケット2018春の会場で遊ぶことができた、よだかのレコードさんによる周遊型のリアル謎解きゲーム『湖底から忍び寄る死者の謎』の感想です。ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

ストーリー

消えた友人。
残された不可解なメッセージ。


あなたはメッセージを手に、商業都市ベストリアを訪れた。
そこで出会った赤いマントの少女。


「失踪事件の犯人は、忌まわしき異形の生物。
 その真相に触れる覚悟はある?」


友人を救えるのはあなたしかいない。
少女と共にベストリアに隠された謎を解き明かせ!

http://www.yodaka.info/event/1805gm_kotei/

感想

f:id:sinden:20180510165125j:plain
 何年か前から、ゲームマーケットの度によだかのレコードさんはリアル謎解きゲームマーケットと称して周遊型の謎解きを開催されていますが、秋山が参加し始めたのはわりと最近です。今のところ遊んだことがあるのは前々回の『ティンダロスの迷宮』と前回の『感染拡大-パンデミック-』だけです。
www.unjyou.com
www.unjyou.com
 今回はクトゥルフ神話がテーマということで、『ティンダロスの迷宮』みたいな感じなのかなと思いつつ、1日目の11時半の回に参加しました。


 正統派の周遊謎解きでした。
 キットを購入し、指示された場所に行くと、ヒントの掲示があり、キットに書かれている謎とヒントを組み合わせると、解ける。みたいなオーソドックスな感じです。
 開始前から、会場を歩いているタイミングで掲示物を見つけたら、都度、写真を撮っていたので、時間はけっこう短縮できたように思います。
 クリアに要した時間は40分でしたが、これはラス謎に迷ったから。
 何やら引っ掛けがあるような気がして、けっこう逡巡してしまい、それで10分くらいは唸り続けていたように思います。
 ええい、ままよ! と踏み切っていれば、30分で突破できていたので、そう考えると前回や前々回に比べると難易度は低めです。
 ゲームマーケットが会場、しかも500円ということで普段は、謎解きしない参加者も多いことを想定し、難易度を少し下げられたのかもしれません。


 少し驚いたのは、終盤においてストーリーが分岐したこと
 秋山は、ぺこらさんと2人で挑んでいたので、



秋山はこちらのルートを試そうと思うから、ぺこらさんはそちらのルートをお願いします


わかった


 そんなに大きい分岐と言うわけではないので、どちらか片方だけでも充分に楽しめるかと思いますが、終了後に、お互いのストーリーを共有し、なるほどねえとなったので2人以上で挑戦された方はラッキーだったのではないでしょうか。

終わりに

 ゲームマーケットが2日間開催になってくれたおかげで、競争の激しかったリアル謎解きゲームマーケットも、比較的、容易に参加できるようになりました。
 今回、ゲームマーケットならではという要素は、少し薄かったように思いますが、500円という価格を考えると充分に満足。次回も期待しています!