雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

FGO脱出こと『ベーカー街からの脱出』は絶対に行くべき最高の特異点

f:id:sinden:20180512012204j:plain
 皆さん、こんにちは。年間に100回は脱出している秋山です。
 好きなサーヴァントは玄奘三蔵です。
 本日、SCRAPのホール型リアル脱出ゲーム『謎特異点I ベーカー街からの脱出』を遊んできたので、その感想を書きます。ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

脱出率

・参加チーム:57チーム
・成功チーム:6チーム(脱出率:10%)

参加する前

 リアル脱出ゲームとFGOとのコラボだなんて夢のようです。
 個人的には東京ミステリーサーカスの協賛にサイゲームズがいるので、グラブル脱出を期待していたのですが、FGO脱出もウェルカムです。
 発表を見た瞬間から参加する気満々でしたが、残念ながら団員先行のチケットが発売開始した瞬間は、絶賛仕事中で、トイレの個室に入ってチケットを予約しようとしたときには東京公演は完売していました。
 とてつもない絶望に襲われましたが、その後、ぺこらさんが抽選でチケットを当ててくださって、無事に参加することができました。しかも初日公演……!

当日の様子

f:id:sinden:20180512012248j:plain
 19時開場だったので、時間ぴったりに原宿ヒミツキチに到着したのですが、未だかつてないほどに参加者が集まっていて、FGO脱出に対する関心度の高さが伺い知れました。
 しかも、19時5分になっても19時10分になっても開場する兆しがなく、ようやくスタッフが出てきたと思ったら、


「前の回の参加者が、そろそろ出てくるので皆さん、道を開けてくださいー」


 なん……だと……!?


 いくらなんでも、遅れ過ぎじゃあないですかねえ。
 こんな調子だと何時に始まるかも分からないし、転換(次の回に向けて、各テーブルの準備をすること)に失敗して、謎が解けないこともありうるのでは……。
 と、嫌な予感がよぎりましたが、気にしても仕方ありません。無言で開場を待ちます。
 幸い天候は晴れ、日は沈んでいましたが涼しく、過ごしやすい気温で助かりました。のんびり待っていると、ようやく前の回の参加者が出てきて、入場が始まりました。

開始直前

f:id:sinden:20180512012320j:plain
 案内されたのは2番テーブル。
 2人組の男女と、女性同士のペアの計6人でした。
 6人とも、そこそこ脱出していて(少なくともドラえもんとジョジョはプレイ済み)、FGOも半分がやりこんでいる様子でした。
 入り口のパネルに記載されていた、脱出率の低さに打ちのめされていましたが、この連携なら行けるのではと内心興奮していました。

オープニング

 とても良かったです。


とても良かったです


 大事なことなので2回、言いました。
 原宿ヒミツキチの公演は、今まで何度も参加していますが、正直、こんな演出は初めて見ました。
 文字通り、ゲームの世界が拡大されて、あのヒミツキチがカルデアになり、そしてベーカー街になりました


 イラストこそゲームの物を転用していましたが、声優によるフルボイスで、導入はイベントのそれでしたね。

ゲームスタート

 けっこう本気で脱出したかったので、最初からわりと本気で走りました。
 難易度はわりと高めに感じました、が、チームワークが良かったです。


「あの、これ、さっぱり解けません」


「貸してください……解けました! けれど、このサーヴァント、あんまり詳しくなくって」


「ああ、それは宝具がこうで、こういうことです!」


「なるほど!!(そう言えば、どこかに書いてあったな……)」


 という局面がちょいちょいありました。
 FGOは特に、特殊な用語が多いので、それを知っていると有利ですね。
 嘘の答えですけれど、たとえば答えが6文字で、最初の3文字が「キリエ」だったりすると、謎解きメインのひとは、


「切り絵? 何? 切って貼るの!?」


 って、なるでしょうが、FGO勢ならば、


「キリエ? じゃあ、残り3文字はライトか!」


 と、すぐに分かる、みたいな。
 従って謎解きが好きなひととFGOが好きなひとのバランスがちょうど良いと、脱出の糸口も捉えやすいかと思います


 今回は、その絶妙なバランスの上に成り立っていて、凄まじい速度で大謎まで辿り着きました。
 しかし……しかし。
 残念ながら。
 とても、残念ながら。
 脱出失敗、でありました。

エンディング

 とても良かったです。


とても良かったです


 大事なことなので2回、言いました。
 と言うか、涙もろいことに定評のある秋山は、最後、ちょっと泣きそうですらありました。
 いや、もう、ほんと良かったんですよ。
 これは脱出好きなひとも絶対に楽しめますし
 FGOが好きなひとも絶対に楽しめますし
 マジ、奇跡のような公演でした。


 唯一、気をつけるとするならば、

本公演は、「Fate/Grand Order」におけるネタバレを含む内容がございます。あらかじめご了承ください。

 これです。
 ざっくり言うと、公式サイトの登場人物一覧に挙がっているキャラは、だいたいネタバレされます。ベストは1.5部の悪性隔絶魔境新宿をクリア済みであることでしょうが、そこまで行くのが難しい方は、せめて第1部の中盤まで進めておきましょう。

公演終了後

 秋山が参加した5月11日の19時半回は、終了後にスタッフトークイベントがある回でした。
 FGO PROJECTクリエイティブプロデューサーの塩川洋介氏、Fate/Grand Order マーケティングディレクター氏、SCRAPの平井真貴氏が登壇し、ショートインタビューに答えられました。その様子は別途レポートとさせてください。

グッズ販売

f:id:sinden:20180512012533j:plain
 公演参加者だけが購入できるグッズも多数ありました。
 秋山は謎付きのクリアファイルとホームズブローチ風ピンバッジを購入しました。

終わりに

 最初から最後まで、ほんとうに楽しかった、極上の時間でした。
 既に多くの会場での公演が売り切れてしまっていますが、もしまだチャンスが残されている場合は、是非、ご参加を。正直、今年のベスト級です!!

合わせて読みたい

 公演終了後に聞くことができたスタッフトークイベントの内容もレポートしましたので、合わせてどうぞ。