雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

チーズを飛ばし、ネズミに与えよう『Flying Cheese新版』の感想

f:id:sinden:20180512020153j:plain
 ゲームマーケット2018春の新作……になるのでしょうか。
 荒井由行さんデザインで、韓国のパブリッシャーから発売された『Flying Cheese新版』の感想です。旧版は『空飛ぶチーズ』という邦題で、国内流通もしたことがある様子です。


激烈に面白かったです


 もう、この一言だけで良いんじゃないかと思うのですが、せっかくなので、もう少し言葉を重ねてみます。
 ルールはかんたん。
 手元のカタパルトにキューブを乗せて、テコの原理を用いて箱の内側に向けて射出します。キューブが落ちたところのカードを獲得します。タイルを7枚獲得したらゲーム終了。ネズミの数が勝利点になります。カードは赤青黄色緑の4色あって、4色揃ったら4色ボーナス、同色で4枚揃えたら同色ボーナス。オールマイティを駆使すれば、2つのボーナスを同時に作ることも不可能ではありません。


f:id:sinden:20180512020217j:plain


 とにかく面白かったです。
 カタパルトを使って、チーズを射出する、この体験が、もうひたすら面白いです。
 そして目当てのカードが取れないこと取れないこと。意外に難しいんですよ。


f:id:sinden:20180512020314j:plain


 うっかり、猫カードを取ってしまうと、それまでに獲得したネズミカードを1枚、手放すことになります。
 なんてこったい。
 それにしても、この猫、憎たらしい顔をしています……!


f:id:sinden:20180512020304j:plain


 難易度調整のため、テーブルの隅から射出するとか、小指しか使ってはならないとか、ハンデルールもあり、子どもと大人とで遊ぶこともできそうです。
 何から何まで完璧! 万人にオススメしたいゲームです。