雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

2018年4月の記事ピックアップ

f:id:sinden:20180521113623j:plain
 こんにちは、秋山です。
 遅くなりましたが、4月の雲上四季を振り返っていきましょう。
 と言うわけで、アクセス解析の結果を見ながらのご紹介です。

アクセスランキング(全体)


 1位はこちら、先月に引き続きSCRAPのホール型リアル脱出ゲーム『のび太の宝島からの脱出』の感想です。
 やはり全国で開催される公演なので、気になる方も多い様子です。

 2位はこちら、NAZO×NAZO劇団による周遊型リアル謎解きゲーム『不思議な絵本の謎』の感想です。
 こちらも全国で開催されています。

 3位は、なんと4年前に書いたRPG『ゼノギアス』の感想です。
 この記事、今になって浮上したわけではなく、雲上四季の中では根強い人気を誇っている記事です。どうやら4月に生誕20周年を記念したコンサートがあり、それでより注目を浴びたのかもしれません。

アクセスランキング(4月)


 1位はこちら、ゲームマーケット2018大阪の参加レポートです。
 開催の度に参加者が増えているゲームマーケット、終了後のレポートも人気の記事です。

 2位はこちら、SCRAPの下北沢アジトで再演されたルーム型リアル脱出ゲーム『十人の憂鬱な容疑者』の感想です。
 けっこう昔の公演ですが、都内での再演は久々です。個人的にはオールタイム・ベスト10入り間違いなしの傑作でした。

 3位はこちら、SCRAPの下北沢アジトで始まったルーム型リアル脱出ゲームの新作『アイドルは100万回死ぬ2』の感想です。
 ループ物が好きな方は、是非、お試しください。

今月のピックアップ


 4月は感想ばかりを書いていて、あんまり記事らしい記事は書きませんでしたが、敢えて挙げるならばこちらでしょうか。ぺこらじという3分生放送を始めました。
 最近は、忙しすぎてお休み中ですが、近い内に再開したいですね。

終わりに

 と言うわけで、4月の振り返りでした。
 今までの振り返りはこちら。