雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

パリの地下鉄を建設せよ『メトロ』の感想


f:id:sinden:20180522183636j:plain
 2000年度のドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされたタイルゲーム『メトロ』を今さらながらに遊んでみました。
 若干の古くささがありますが、今でも充分に遊べる楽しいゲームでした。


 やることはシンプル。
 持っているタイル1枚を任意の場所に配置するだけ。
 自分の色の電車コマを、少しでも長い距離、走らせることができればその分、勝利点が増えていきます。中央の駅に繋げると点数が2倍になる、というのがアクセント。


f:id:sinden:20180522183621j:plain


 2人で遊んだのですが、最初の内は、勝手がわからないこともあって、


うーん、それじゃあ、ぺこらさんの路線を繋げてあげますよ。はい、2点

ええー! じゃあ、お礼にこちらを繋げてあげるよ。はい、2点

なんてこったい!


 とお互いに邪魔しあうアクションを、ひたすら繰り返すという不毛な争いが繰り広げられました。
 しかし、そんな心の悪意に従っているうちに、じょじょに盤面に置かれたタイルが増えていき、


そろそろ邪魔するより、自分の利益を追求した方がより高効率な気がする

あっ、ほんとだ。ここに置いたら20点になる。あっきーには2点あげるね

なんてこったい!!


 と、展開も派手になっていきました。
 終盤は、けっこう寄せと言うか、逆算と言うか、残り僅かなタイルで、どうすれば最高得点を得られるかの計算が面白かったです。
 プレイ時間は50分、最終的には秋山99点、ぺこらさん89点でした。
 途中、めちゃくちゃ引き離されたので、もう駄目だと思いましたが、けっこうな幸運が重なって逆転できました。


 遊んでいる最中は面白かったですし、白熱しましたが、振り返ってみると、運の要素は強めに感じました。
 後、今回は2人で遊んだので、電車コマがいくつか瞬殺されて死んでも、


この子が死んでも、代わりはいるもの(アスカ派ですけどね)


 と気持ちにゆとりを持てましたが、5人や6人などの大人数で遊ぶときは、貴重なコマが瞬殺されたら殺意を抱きそうです。と言うか、何なら自分の手番が回ってくるよりも早く、すべてのコマが殺されることもありえるわけで……それって、ゲームとして、どうなのでしょう? と思わないでもないです。
 ちょっと秋山の好みからは外れますが、ボードゲームを始めたばかりの方とも同じ土台で楽しめる、良い作品だとは思うので、ゲーム会を主催するときは持っていても良いと感じました。