雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

麻雀を親しみやすくしたラミーカードゲーム『でんしゃクジラ』の感想


f:id:sinden:20180526163349j:plain
 イマジンゲームズさんのゲームマーケット2018大阪の新作『でんしゃクジラ』の感想です。
 デザインは『枯山水』や『エンデの建国者』で知られる山田空太さん。
『エンデの建国者』は感想を書いていますが、非常に完成度が高い、傑作です。


 で、一方、こちらの『でんしゃクジラ』ですが、正直なところ、


あまり、良くない


 ですね。
 残念ながら。


f:id:sinden:20180526163413j:plain


 なさんとしているところは明確です。
 ラミーというゲームの歴史において確固たる地位を築いているジャンルを、シンプライズしたうえに、可愛らしいアートワークを被せることで、誰でもかんたんに遊べるようにしています
 このアプローチ自体は悪くありません。むしろ好みです。


 得てして、ゲームデザインというのは、色々と要素を加えて加えて、その結果、複雑になってしまい、ボヤケてしまうことがありますが、枝葉末節をはぶいて、すっきりとシンプルに仕上げると言うのは、それはそれで良いことです。
 しかし、この『でんしゃクジラ』の場合、その着地点が、あまり良くなかったのではないか、そう思えて仕方ありません。


 秋山が覚えている疑念を言い換えてみると、こうなります。


ボードゲーム初心者、あるいは子どもが、このゲームを遊んで面白いと思うのかしら?


 この問いに対する答えが、自分のなかで、ちょっと持つことができず、こんなふうにモヤモヤしてしまっている次第です。
 とは言え、秋山自身、まだ1回しか遊んでいないので、2回目、3回目を経たら評価が変わるかもしれません。変わったら、また筆を執ることにします。