雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

白米、黒ごま、梅干し。後はおかず『ライスダイス』の感想


f:id:sinden:20180529135656j:plain
 トイドロップさんのゲームマーケット2018大阪の新作『ライスダイス』を遊びました。
 3人から5人用、プレイ時間は10分でした。さっくり遊べるダイスゲーム。


 メカニクス的には、もう、ライナー・クニツィアの『ヘックメック』と言い切ってしまって良いでしょう。ダイスを振って、任意のダイスを確定させて、出目に応じてタイルを獲得。最終的にタイルに記載の勝利点が最も高いプレイヤが勝利。
『ヘックメック』を知っているプレイヤであれば、すぐに遊び始められます。


f:id:sinden:20180529135725j:plain


 ポイントは、お米シールを貼ることで少し変化を加えたダイスでしょうか。
 でも、秋山が良いなと感じたのは、シールを貼らなかった部分。1の目を梅干しになぞらえたり、2から6の目を黒ごまになぞらえている当たり、センスの良さを感じました。こういう目の付けどころ、大好きです。
 後は、おかずのアートワークも、ほがらかで良いですね。


「やっぱり、お弁当にはウィンナーですよね」


「卵焼きも捨てがたい」


「私、お弁当、野菜しかないんですけど……」


「こっちは、おかずゼロですよ!」


 みたいな、会話も盛り上がりました。
 さっくり短時間で楽しめる良いゲームです。


f:id:sinden:20180529135759j:plain


 ところで、このスパゲッティ、かわいくないですか?
 良いですよね、Buono!!

合わせて読みたい

 トイドロップさんの前作『大正吉凶なし』の感想も書いています。