雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ボードからコインを落としてゲットせよ『Coin Hunt~護宝妖精と4人の泥棒~』の感想

f:id:sinden:20180611202138j:plain
 AriAruさんのゲームマーケット2018大阪の新作『Coin Hunt~護宝妖精と4人の泥棒~』の感想です。
 AriAruの三品さんは、けっこう凝ったゲーマーで、今までのゲームは一癖も二癖もあるメカニクスが特徴です。
 今回の『コインハント』は、まさかのコイン落としで、パッケージを見た瞬間の秋山の第一声は、


三品さん……どうしちゃったの……


 でした。
 しかし、いざ、ルールを読み始めてみると、いやあ、三品さんらしさが出るわ出るわ、良い意味で事前の予想を裏切られました。


f:id:sinden:20180611202230j:plain


 そう、なんと言えばいいんですかね。
 かわいらしい見た目に反して、けしてかんたんなゲームじゃないんですよ。
 例外処理が多いので、きちんとルールを理解して、先々の展開まで考えたうえで、最適な場所にコインを押し込んでいかないと、あっさり封殺されるというか、にっちもさっちもいかない状況に陥ることになるわけです。
 と言うわけで、


三品さんは、三品さんだった


 という哲学的な結論に落ち着いた秋山であります。
 今までの『3×3 Wars』や『Hex Heaven -六角天国-』が好きな方は、どうぞ気を楽にして『コインハント』を楽しんでいただければと思います。
 逆に、ポップな見た目に引かれて近づいてみると、思わぬヤケドをすることになるかもしれません。
 どうやら、ライト層でも気軽に遊べる、追加ルールを用意予定なので、後者に類する方は、そちらを待つのも一手です。