雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

リニューアルしたナゾ・コンプレックス名古屋で謎を解いた話

f:id:sinden:20180712215127j:plain
 謎、解いてますか?
 こんにちは、謎を解くためなら世界中どこへでも行く秋山です。
 ナゾ・コンプレックス名古屋がリニューアル開店ということで、開店当初から気になっていましたが、ようやく行けました!
 と言っても、仕事の合間に、ちょっとだけ……ほんとうに、ちょっとだけ時間が作れたので、もう、かろうじて行った! みたいな感じであります。


f:id:sinden:20180713181634j:plain


 実際に行ってみた所感としては、東京ミステリーサーカスの小さい版でしょうか。
 以前に比べると、圧倒的に入りやすい感、何をやっているか分かる感、楽しそう感がありますが、いかんせん日頃から東京ミステリーサーカスに出入りしている身からすると、ちょっとコンパクトかなあ、と比較してしまいます。
 とは言え、大阪等、他の都市の拠点よりもいち早く名古屋に、このタイプの店舗が実装されたのは、元名古屋民としては、素直に嬉しく感じます。


f:id:sinden:20180713181703j:plain


 上述の通り、ほんとうにちょっとだけ立ち寄ったので、未プレイの『スパイ大作戦からの脱出』はもちろん『秘密結社からの脱出』に参加する暇などあるわけもなく、かろうじて『MYSTERY MAIL BOX名古屋オリジナルバージョン!』こと『ナゾコンからの挑戦状』を受け取ることができただけです。


f:id:sinden:20180712215311j:plain


 が!
 受け取るだけで満足できないのが謎解きプレイヤ。
 まだ、ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ時間あるし、鬼のような勢いで解けば、ワンチャン突破できるかもしれない。そう、思って、その場にあったテーブルの一角を陣取るや否や、呼吸を止めて集中して解くことにしました。


 結果、


 15分後。


解けた


 ギリ解けました。
 いえ。
 ギリも何も、予定していた離脱時間を5分ほど超過してしまい、次の打ち合わせ場所へ、めちゃくちゃ暑い中、小走りで急ぐことになったのですが、なんとか解くことができました。
 実際、周遊要素のあるものはメタ解きで突破したのと、答えの法則に途中で気づき、名古屋時代の知識を総動員したことで、無理くり突破した感があるので、丁寧にひとつずつ解き進めようとしたならば、おおよそ2倍の時間を要したことでしょう。


 おっと。
 言い忘れていましたが『ナゾコンからの挑戦状』は、SCRAPのファンクラブ「少年探偵SCRAP団員」に入っているひとだけが楽しめる無料の限定謎となります。
 ファンクラブ限定謎なので、よっぽど難しいのであろうと思っていましたが、案外、そうでもなくて救われました。
 また、無料ではありますが質も量も一定ラインは越えていて納得そして満足の一品。
 良かったです。

終わりに

 今回は慌ただしく短時間の滞在でしたが、次は、もう少し余裕を以って遊びに行きたいですね。
 特に『秘密結社からの脱出』は、当初は、博多アジトの限定公演で、博多アジトが閉館した今や名古屋でしか遊べない脱出なので、終わってしまう前に参加したい所存です。もし、偶然にもご一緒することになりましたら、よろしくお願いしますね。