雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

怪人に改造される前に脱出せよ『秘密結社からの脱出』の感想

f:id:sinden:20180713211803j:plain
 かつて博多アジトで遊ぶことができ、ナゾコン名古屋で再演が始まったルーム型のリアル脱出ゲーム『秘密結社からの脱出』を遊んできましたので感想です。
 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

ストーリー

気がつくと、見たことのない無機質な部屋。
身体は鎖でつながれ、
思うように身動きをとることができない。


かすかに覚えているのは
帰路の途中、何者かに襲われたこと。


どうやらあなたは、
世界征服をくわだてる秘密結社に
誘拐されてしまったようだ。
このままここから脱出できなければ
心も身体も改造され、
やつらの手先にされてしまう!!


強固なセキュリティを誇る
秘密結社から逃げ出すためには
複雑に仕組まれた
謎や暗号を解き明かすしか方法がない!!


タイムリミットは60分。
すべての謎を解き明かし、
秘密結社から脱出しろ!!

http://realdgame.jp/event/nagoya_himitsukessha.html

脱出率(秋山が参加した頃)

f:id:sinden:20180713211931j:plain
参加チーム:76組
成功チーム:11組(脱出率:14%)

感想

 まさか、1週間に2回もナゾコンに行くことになるとは思いもしませんでした。
 それもこれも初訪問したよという記事を書くのにあたって、『秘密結社からの脱出』を調べてしまい、興味を覚えてしまったのが敗因でしょうか。
 前日までチケットは残8だったので「数人での挑戦になるだろうなー」と思っていたのですが、蓋を開けてみたら10人がきっちり揃っていて、少し驚きました。
 ほら。当日券って、500円、高いじゃないですか。
 前日までにチケットが売れなければ、当日は絶望的……そう思っていたのですが、意外に売れているのですね、当日券。


 閑話休題、10名での挑戦でした。
 内、リアル脱出ゲームが初めてというのは3名ほど。
 事前の説明がけっこう丁寧で、暑さにやられていた秋山は、内心「ちょっと長いなぁ……」と思いながら、なるべくエアコンの風を浴びられるようふらふらしていました。


 ゲーム開始後は、だいたい動かずに指示を出していたような気がします。
 いや、口を出さないで解けよって感じですけれど、意外と難しかったんですよねえ。個々の謎が。だから、それは得意なひとに任せて、


これから、あのひとが解いてくれると思うので、答えを聞いたらメモってください。で、後は、これとこれを探索で見つけられたら、組み合わせて文章になるはずです


 という感じで、リアル脱出ゲームの概要を広めて、全体の速度改善に努めました。
 スピード的には後にスタッフの方も「固めてないのに早い」と褒めてくださって、悪くなかったと思います。


 が、失敗しました。


 残念!


 惜しい!


 と言えば、それまでなのですが、個人的には、ちょっともやもや。だったりします。
 帰り道、脳内で反省会議を繰り広げたのですが、結論としては、


あり


 です。
 単純に好みの問題として、テーブル上で完結するホール型が好みなんですよね。
 現実にはありえないでしょうが、この公演に出てきた謎を、可能な限りホール型に置き換えてくれたら、きっと成功できていただろうなと思ったりしました。

終わりに

 まあ、でも久々のソロ参加のルーム型。堪能しました。
 完全にひとりで行ったのは『あるラジオ放送局からの脱出』以来ですかね。あれも、博多アジトなので、なんだかふしぎな縁を感じます。
 終了後『ときどき監視員が見回りに来る部屋からの脱出』も面白いのでオススメですよと言われ、そちらも楽しみです。来月にチケットを抑え済みです。