雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

夜空に月を送り届けよう『空をゆく舟』の感想


f:id:sinden:20180708193650j:plain
 トリオックスさんの持ち帰り謎『空をゆく舟』を遊びましたので、その感想です。
 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。


 シリーズ1作目『月をぬすむ男』で、大富豪の住むお城から月を盗み出した男は、今度は空にいちばん近いとされる山を登って、夜空に月を送り届けにいきます。
 素敵ですね。
 ストーリーが。
 ロマンチックです。
 ちなみに前作の感想は、こちら。



 分量的には、ざっと倍でしょうか。
 プレイ時間に換算すると、2時間半ほど
 前作が1時間半かからなかったことを考えると、ざっくりプラス1時間でした。ページ数もけっこう増えていましたし。


 相変わらず最後の最後まで演出がにくかったです。
 特に、おまけ謎は、さっぱり分からず、迷走した結果、トリオックスさんに直接、連絡をさせていただいて、ヒントを貰ったりしました。


1作目より2作目の方が好きかな。月が夜空に戻ってよかったね

物語がね、美しいよね

男が格好いいよね。空の民も好き