雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

食われる前に脱出せよ『ミミック 人喰いの部屋』の感想

f:id:sinden:20180731204531j:plain
 なぞともカフェで遊ぶことができる、よだかのレコードさんの『ミミック 人喰いの部屋』を遊んできましたので、その感想です。
 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

概要

目を覚ましたアナタは見知らぬ部屋にいた。
そこは人喰いの部屋(マンイーター)、映像と手元の道具を駆使して、制限時間765秒以内に脱出しなければならない!


【制作者コメント】
人喰いの部屋は、ミミックシリーズの1番目の部屋。
謎解きゲームが初めての方でも遊びやすくなっています。
ただし油断だけはしないように・・・。

http://nazotomo.com/nazotomocafe/shinjuku/cube.php

感想

 よだかのレコードさんが、なぞともカフェで新たに始めたミミックシリーズの第1弾です。
 これといったストーリーはなく、気づいたら変な部屋にいたので、制限時間に脱出しようというソリッドな感じです。
 とは言え、秋山が遊んだのは稼働当初、まだアートワーク上にコップリンが登場して、ポップ感が増す前なので、今は、ストーリーっぽいものが追加されているかもしれません。


 謎解きとしては、オーソドックスの極みでした
 全体の謎数も少なく、黙々とこなしていけばOKという感じで、かなり初心者向けと言えます。ちょっぴりダークな世界観が気にならなければ、オススメです。

終わりに

f:id:sinden:20180731204554j:plain
 遊び終えた後は、ご飯を食べて帰りましょうと言うことで、久々に桂花ラーメンへ。
 学生の頃は週に1回は食べていましたが、最近はご無沙汰だったので、懐かしい味わいでした。


テーマが変わる前に遊べて良かったよね。よだかのレコードさんのTwitterを、細かくチェックしてて良かったよ

でも、テーマが変わった後は、かわいい系で、これはこれで良さそうだよ

意外にシンプルだったよね。ゴテゴテしてないのが良かった