雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

2人で協力するしかない『絶望トイレからの脱出』の感想

f:id:sinden:20180809124416j:plain
 2018円7月13日より、東京ミステリーサーカスで始まった新しいタイプのリアル脱出ゲーム『絶望トイレからの脱出』を遊んできました。
 芸人で謎解き好きのサバンナ高橋茂雄が、SCRAPと共同制作したという、2人1組で遊ぶ15分限定のゲームです。ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

ストーリー

あなたは、ある小学校の5年生。
授業中、不意に激しい腹痛に襲われてしまった。

「せ、先生、トイレ行ってきていいですか?」

恥ずかしかったが、勇気を振り絞って僕は言った。

「えっ!? アイツもしかして」

そんな空気に包まれた教室。あちこちからクスクス笑う声が聞こえた。
でも、笑われても漏らすよりマシだ。
その時だった。窓際のアイツも手を挙げた。

「せ、先生、僕も行ってきていいですか?」

クラスで一番目立たないアイツだ
いや、一番は僕か。アイツも腹痛に苦しんでいたなんて……。

「なんだお前ら! さっさと行ってきなさい。チャイムが鳴るまでに戻って来るんだぞ!」

先生の言葉で立ち上がった僕ら。
冷静に。変に勘繰られないように。それでいて大急ぎで行くぞ。

「急ごう。チャイムが鳴るまでに戻らないとみんなに冷やかされるぞ」

「ど、どこのトイレに向かってるの?」

「職員室の奥だ! あのトイレならこっそり入れる!」

「でもあそこは使うのは禁止のはずじゃ?」

「……大丈夫だ! いこう!!」

勇気を振り絞った僕らの物語が始まった。
そのトイレにはとんでもない仕掛けがあるとも知らずに……!

https://mysterycircus.jp/zetsubou_toilet/

感想

f:id:sinden:20180809124511j:plain
 東京ミステリーサーカスの2階に新設された、小型のリアル脱出ゲームです。
 チケットのタイプは、2人1組のペアチケット(2400円)だけが用意されており、一度、挑戦して失敗するとリベンジペアチケット(2000円)が購入できるようになります。
 15分で1人1200円と考えると、少し高めに感じられるかもしれませんが、従来のリアル脱出ゲームが60分で1人3000円だったことを考えると、だいぶ敷居は下がっており、仲の良い友人や恋人と2人っきりで楽しめることを考えると、かなり遊びやすいコンテンツであるように感じます


 同じく東京ミステリーサーカスの2階にある『ある刑務所からの脱出』は制限時間10分でしたが、難易度的には控えめで、脱出初挑戦の方であれば適切だったかもしれませんが、慣れている身からすると時間をめちゃくちゃ余らせてオーバーキルできる難易度でした。
 そういうこともあって「まあ、さくっとクリアできるでしょー」と軽い気持ちで臨んだのですが……。


工程数、多っ!


 なかなかの歯ごたえでありました
 ゲームは、ほんとうにトイレの個室くらいのサイズの小部屋で進行します。相方となるプレイヤは、隣の個室に入っているという設定で、なんとかして意思の疎通を図って、共に脱出を目指すことになります。
 いわゆるリアル脱出ゲームの醍醐味のひとつ、情報共有にフォーカスが当てられた作品で、ひとりだけでは絶対に脱出することができません。お互いにお互いだけが持っている情報を、こまめに交換する必要が求められます。


 途中、何度か壁を感じましたが、1分以上、立ち止まることなく、けっこうスピーディに走りました。しかし、それでも10分が経過したところで辛く感じました。
 できれば1発クリアしたい! 意外に難しい! 間に合うのか! 次の謎の突破口は、こちらの部屋にあるのか、それとも相手の部屋にあるのか!? 知らず知らずのうちに、つい荒々しい口調になってしまいますが、興奮してしまうと些細な情報を見落とすことに通じます。


落ち着いて、情報と小道具の両方を整理しながら、冷静に進めるのが大事!


 最終的には、2分残しくらいでしょうか。
 なんとか無事に脱出することができ、思わずガッツポーズを取ってしまいました。
 同じタイミングで、8組ほどが参加しましたが、リベンジペアチケットを使ったプレイヤが真っ先に脱出成功し、秋山たちは2組目、その後、出入り口付近を見ていたら、もう1組が脱出成功し、残りは失敗……それくらいの難易度でした。
 謎解きになれているからこそ脱出成功できましたが、そうでなければ、


思っていたほど難しかった。よっぽど察しの良い2人なら1発クリアできるだろうけれど、基本はリベンジ前提の難易度だったんだろうなー


 と、自らをなぐさめることになっていただろうと思います。
 そういった意味では、適切な難易度、分量でした。

終わりに

 振り返って考えてみても、今までに遊んできたリアル脱出ゲームの中では、最上位に近いところにあるように思います。
 プレイスタイルとして、基本的には、ぺこらさんと2人で、あるいはソロで遊ぶことが多いので、2人を前提とした難易度や展開は、求めているものに対してぴったりでした。なぞともカフェのCUBEも、基本2人で遊びますが、あれは、ときどき3~4名を前提とした分量だったりするので、2人をターゲットとされた謎解きは、ほんとうに、もう、ぴったり以外の言葉が見当たりませんね。
 初めての方にも慣れている方にも、等しくオススメできる良いゲームです。