雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ダンジョンでレベルを上げ、コロシアムに挑め『ダンコロ』の感想


f:id:sinden:20180815192735j:plain
 陽炎ゲームズさんのゲームマーケット2018大阪の新作『ダンコロ』を遊びました。
 インスト30分、プレイ時間2時間と、そこそこの重さですが、充実の内容でした。


f:id:sinden:20180815192829j:plain


 けっこう面白かったのですが、激烈に面白かった……! というレベルには一歩、及ばない。という印象でした。
 いわゆるデジタルでやれみたいなゲームの一種でしょうか。ランダム生成されるダンジョンを歩き回り、モンスターを倒し、経験値を獲得したり、武器や防具を入手して自分自身を強化していきます。
 けっこう、こまごまとした処理が多く、いろいろやってるうちに服の袖でマーカーを動かしてしまったりして「やべ、どこにあったんだっけ?」と頭を抱えたりします。


f:id:sinden:20180815192859j:plain


 特徴的な要素としては、アイテムの合成があります。
 各武器カードと防具カードには、それぞれ攻撃力/防御力などの数値情報の他、特定の出目が出たらクリティカルになるだとか、ダイスを振り直せるみたいな能力を持っています。これらのカードを、基本となる武器や防具に合成することで、攻撃力/防御力の値を底上げしたり、能力をてんこ盛りにしたりできるのです。
 これによって安定的に強くさせたり、ダイスの出目次第では、強敵のドラゴンも一気に倒せるみたいなピーキーな武器を作り出せたりするのが面白いです。


f:id:sinden:20180815193142j:plain


 秋山は、この手の育成要素やRPG要素は、大好物なので、遊んでいる最中は、けっこう嬉々として遊びました。
 しかし、問題は、ダンジョンパートが終わった後の、コロシアムパートですね。
 武器防具を充実させ、モンスターを倒しレベルを上げたキャラクタを駆使して、他キャラクタと戦い、最も強いプレイヤを決めるわけですが、個人的には、やや蛇足に感じられました。
 まあ、育て方を間違えて、


あれ? もしかして、毎ターン連続してクリティカルを出せたとしても、もはや勝てない……?


 と、状況的に詰んでしまい、一方的に虐殺されたというのもあるかもしれませんが、やっぱりダンジョンパートは協力ゲーム感があるのに、コロシアムパートに入るなり敵対というシステムの変化に付いていけませんでした。


f:id:sinden:20180815193251j:plain


 と言うわけで、好みからは、やや外れますが、それでもダンジョンパートにおける育成は、充分に楽しめました
 デジタルでもできることを、敢えてアナログでやるところに面白味を見いだせる方にとっては、お気に入りの一作になるかと思います


ダンジョンパートは面白かったよ。攻撃力を上げまくったよ

うん、脳筋キャラだったね

あっきーは、なんか防御とか頑張ってたね。粉砕したけど

きちんとレベル上げしないと駄目という教訓だね