雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

世界のボードゲームで遊べるお店『コロコロ堂』訪問レポート

f:id:sinden:20180815195048j:plain
「これはゲームなのか?展」の後、遊びたりなかったので、近くのボードゲームカフェで行ったことのないお店があったら行ってみようと思いたち、前から気になっていたコロコロ堂さんに立ち寄ってみました。
 ほぼ満席という状況でしたが、偶然、2名席が空いていて、通していただけました。
 店内は明るく、木製感あって、温かみを感じました。
 ゲームの品揃えも幅広く、素敵でしたね。
 たまたま鞄のなかにボドパスを持っていたのですが、少し特典があってお得でした。
 以下、遊んだゲームの感想など。

それだっ!

f:id:sinden:20180815195117j:plain
 アレックス・ランドルフの2人用ゲーム。
 メカニクス的には推理とブラフのアブストラクト。
 秘密裏に自分の色の駒をひとつ選び、その駒をゴール(=銀色の台座)まで誘導することが目的です。首尾よく、ゴールできれば勝ちですが、その前に「あなたの駒は、この色でしょう」と指摘されてしまうと負けです。
 勝つためには、自分の駒を進めないといけないけれど、あんまり露骨に進めてしまうと、すぐにバレてしまう。
 うーん、エレガント。必要最低限のルールでありながら、きちんとゲームになっている。さすがです。

モンド

f:id:sinden:20180815195140j:plain
 時間が少し余ったので、久々にシャハトの『モンド』を遊びました。
 制限時間内にタイルをはめていって、自分の世界を完成させるゲームです。慣れないうちは、ぜんぜん上手くいかないんですけれど、何度か遊んでいるうちに、どんどん動きが最適化されていって、動物をいっぱい確保したり、小さい土地をいっぱい作れるようになるんですよね。

終わりに

 一週間の疲れがあったことに加え、アルコールを入れていたので、早々に帰ることに。
 楽しい時間を過ごさせていただきました。


きれいだったね。移転したばっかりだったかもしれないけれど、賑わってた

なのか展効果もあったかもね