雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

掛け算を重ねて豆の木を育てまくれ『Jack Times Beanstalk』の感想


f:id:sinden:20180825172609j:plain
 U.I gamesさんのゲームマーケット2018大阪の新作『Jack Times Beanstalk』を遊びました。
 2~4人で遊べるシンプルなタイルゲームです。


 童話『ジャックと豆の木』をモチーフとした作品です。
 ジャックの子孫となり、初代ジャックのように、豆の木を、高く高く育てようというのが目的です。


f:id:sinden:20180825172711j:plain


 各プレイヤは、それぞれ秘密裏に4ヶ所あるエリアに豆を蒔き、その後、場の中央にカードを出していきます。
 カードには、植えた豆がどれだけ成長するかを示す数が書かれており、最終的に、それらの数を掛け算して、植えた豆が、どれだけ成長したかを競い合います。


 ちょっとシンプルに過ぎるかな、という印象でした。
 やっていることはカードを重ねて掛け算するだけなので、小学生でも遊べますが、そこに留まってしまっているという雰囲気です。子どもと一緒に肩の力を抜いて遊ぶのには、うってつけかもしれません。


思ったより伸びなかったよねー

そうね、ちょっと爽快感に欠けるよね

もっと伸ばしたかった! マイナスとかゼロとかがあると、うぎゃーってなる