雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

にゃんこのごはん奪い合い! だぞ!『ラベノス』の感想


f:id:sinden:20180830212331j:plain
 久遠堂さんのゲームマーケット2018大阪の新作『ラベノス』を遊びました。
 にゃんこになって、ご飯を奪い合う2人用のゲーム。
 いいじゃないですか。かわいい。


 猫好きなので、猫がテーマと言うわけで、もうポイントが高いです。
 さらに2人用ゲームとなると、これは、もう狙い撃ちにされているのでは? と思ってしまうほどです。


f:id:sinden:20180830212417j:plain


 ゲームは、いわゆる読み合い系。メカニクスとしては、目的隠蔽です。
 スタート時点で、各プレイヤは「パーソナルにゃんカード」を受け取ります。そのカードには、魚が好物だとか、高級志向だとか、あるいは太っているからダイエットカリカリが良いだとか、目的となる点数が記載されています。


f:id:sinden:20180830212436j:plain


 どの食べ物が、自分にとって高ポイントなのかを確認したら、後は、場に並んでいるカードを交互に取っていくだけです。
 場に並んでいるカードを取った後は、さらに山札から裏向きのままカードを1枚ドローして、その内容を確認した上で、確保するか場に放出するかを選べます。
 確保、と書きましたが、厳密にはこの時点で、確実に点数化できるわけではなく、次手番のプレイヤは、場に並んでいるカードの他に、直前のプレイヤが確保を試みたカードを横取りすることができるので、奪われてしまう可能性があります。


 奪われる可能性
 ここが、このゲームの面白いところですね
 自分の目的を隠し、相手の目的を読み、どのカードを確保し、どのタイミングでカードを横取りしにいくのか。


 持ち運びやすいパッケージも可愛らしく、ちょっと考える必要もあって、さくっと遊べて良いゲームです


私、おデブにゃんだったよ。あっきーのマイナスになるカードが、私のプラスになるカードだったからちょうど良かったよ

まあ、ランダムに配ってるから、そういうこともあるよね。おにくにゃんとおさかなにゃんの関係も同じだよね。どうでもいいけれど、ぼくは、おさかなにゃんが好き

わかるー

ぺこらさんは、おデブにゃん好きそう

え! よく分かったね! しっぽが丸いのがね、かわいいと思ったんだよ