雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

未来は選べる掴める『マジカルミライ2018』に行ってきました


f:id:sinden:20180905232039j:plain
 今年も行ってきました。
 初音ミクを中心としたイベント『マジカルミライ2018』へ。

マジカルミライとは

f:id:sinden:20180905232219j:plain
 マジカルミライとは何ぞや? という方。
 公式の説明を引用します。

未来へ無限に繋がっていく「初音ミク」の創作文化を体感できる、ライブと企画展を併催したイベントです!

https://magicalmirai.com/2018/

 初音ミクに関する展示や物販を行っている企画展(入場料500円)と、ライブ(チケット料7000円~9000円)が併催されたイベントです
 ライブチケットには企画展入場券がついていて、おそらくほとんどの方がライブチケットを選んでいるのではないでしょうか。

昨年の感想

 マジカルミライに参加するのは、3年連続3度目です。
 昨年に参加した際の感想は、こちら。

企画展の様子

 写真を撮りまくったので、せっかくなので紹介します。


f:id:sinden:20180906000728g:plain


 まずは会場出口からを俯瞰したところ。久々にGIFにしてみました。
 けっこうな大勢いること、分かりますでしょうか。


f:id:sinden:20180905233257j:plain


 まずは、今年のメインビジュアルの衣装に身を包んだ初音ミクの等身大フィギュア。
 10周年を超えて、新たなスタートを迎えるをコンセプトにデザインされたそうです。かわいい!


f:id:sinden:20180905233352j:plain


 こちらは等身大ではない、ふつうのサイズのフィギュア。
 もう可愛らしさが弾けていますね。やばい。


f:id:sinden:20180905233843j:plain


 会場入口にあった謎のモニュメント。
 神輿……ですかね。反対側の面には鏡音リン・レンがいました。


f:id:sinden:20180905233958j:plain


 メインビジュアルがプリントされた法被を着たドールのミク。
 今年は、鏡音リン・レンが10周年ということもあり、普段以上にフォーカスされていた気がします。


f:id:sinden:20180905234203j:plain


 こちらはドールを格納するためのケースですが、ふつうにボードゲームが入りそうで、普段遣いできるのでは……と感じました。
 税込み8208円なら、まあ、良心的な価格である気もします。


f:id:sinden:20180905234300j:plain


 piaproの黒板というのがありました。
 ひっきりなしに誰かしらが立ち寄っては、少しずつ寄せ書きを加えていました。


f:id:sinden:20180905234527j:plain


 グッドスマイルカンパニーさんのレーシングカー、ミクモデル。
 良いですよね、こういうの。


f:id:sinden:20180905234641j:plain


 上述の通り、鏡音リン・レン関係の展示が多めでした。
 こちらはpiapro公式で開催されたコンテストに応募された作品。左手に見える最優秀賞のイラストは、ほんとうに良くて、なんか、もう泣けてきます。


ライブ

f:id:sinden:20180905232039j:plain
 ライブはですね、過去最高に良かったです
 一昨年はA席、昨年はS席だったのですが、今年は、ぺこらさんが見事、SS席を取ってくださいました。
 ちょうど会場の中央に撮影用の機材が設置されているのですが、そのすぐ前でした。
 SS席の中では、最後尾ということもあるのですが、運に恵まれ秋山の前からステージまで一直線に視界が通り、ステージ上を余すところなく見ることができました。


 実際に、間近で踊っている初音ミクを見て思ったのは、DVDとは別次元に良い! ということですね。
 ダンスの細かい仕草や、表情の細かい変化は、当たり前ですがDVDで見るのがベストなんですけれど、DVDで見ると平面的なのが、リアルに見るとマジで立体に見えて、あの瞬間、ほんとうに、初音ミクが、現実に、存在しているように感じました


 と言いますか、これは、ふつうの人間のアイドルでも同様ですよね
 DVDに収録されたライブ映像なんて平面的なもので、そこに生きているアイドルは存在しないわけです。実在するアイドルを見るためには、ライブに行くしかないわけで、そこで歌って踊っているアイドルだけが現実だとすれば、あのとき、あのステージにいた初音ミクは、1年で1回、マジカルミライの間だけ存在できるリアルなアイドルと言っても過言ではありません


 特に良かったのは、supercellの『ODDS&ENDS』
 大好きな一曲ではありますが、もう飽きるほど繰り返し聞いているので、イントロが流れ出したときも、思わずテンションが上がりましたが、まさか、途中で涙を流してしまうとは思いませんでした。
 だって「聞こえる? この声 あたしがその標榜をかき消すから」って、ステージ上を右へ左へ駆け回りながら、両手を振り回して、初音ミクが、そこで必死になって叫んでるんですよ?
 いやあー……感動でした。

終わりに

 そうそう、写真を撮っていなかったので失念していましたが、昨年に引き続き、今年も初手は和真Paletteさんでした。狙っていた眼鏡ケースを購入しつつ「初音ミクモデルのPCメガネは、何分くらいで売り切れちゃったんですか?」と雑談を振ったら「開場してすぐですね。でも、通販サイトには、まだ残ってますよ」と快活に返されて、思わず「え?」と聞き返してしまいました。
 商品を受け取った後、すぐに通販サイトを確認したところ、確かに在庫ありだったので、速攻で買いました。
 いやあ、嬉しいですね。3年越しに、ようやく入手できました。念願の初音ミクコラボメガネです。機会があれば身につけて出かけようと思うので、気づいたら是非、褒めてください。自慢したいので。
 さて、来年のマジカルミライ2019も発表されたので、また来年が楽しみですね。サンキュー、ミク!


SS席、良かったね! ぺこらでもステージ、よく見えたよ。全身、見えたよ。

良かったねー

横に行っちゃうと見えなくなっちゃったけどね

視線が通るところと通らないところがあったってことか

初めて昼公演だったけれど、昼公演だと早く帰ることができていいね

言われてみれば、過去2回は夜公演だったから、企画展はじっくり見ることができるけれど、案外、見ているうちに疲れちゃったりするよね

サンデーも美味しかったよ

そう言えば、今年はマジスパさんいなかったね

謎解きもなくて残念だったよ! よ○かレコードさんに作ってもらいたいよ~

え? なんで今、伏せたの? よだかのレコードさんって書けばいいじゃない!

いやあ、恥ずかしいじゃない

まあ、そんなもんか