雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

人気が出る果物を狙って集めよう『くだサル』の感想

f:id:sinden:20180908102529j:plain
 フダコマゲームズさんのゲームマーケット2018大阪の新作『くだサル』を遊びました。
 ルールブックが難解で、苦戦に次ぐ苦戦、試行錯誤しつつプレイしましたが、箱を見る限り慣れれば10分~15分で終わるカードゲームの様子です。


f:id:sinden:20180908102602j:plain


 ゲーム開始時、各プレイヤは5種類ある果物カードを配られます。
 なるべく高得点になるように、場にカードをプレイしていきますが、運が悪ければ、せっかく何枚も出して育てたはずの果物が、一瞬にして無価値になることだってありえます。
 冷静に、人気が出る果物を見定めながら、うまいこと点数を獲得するのがポイントです。


……と、書きましたが、けっこう細部の処理が煩雑で、上述の通り、ルールブックが今ひとつ分かりにくく、正しいルールでプレイできたのか不安があります。
 現に、2人でプレイしたときは、1時間ほどルールブックと格闘し、ようやく解読したルールで遊んでみたのですが、途中でカードが足りなくなってしまい協議終了となりました。


f:id:sinden:20180908102620j:plain


 正確にインストできる方、是非、お声掛けください。遊ばせてください
【9月15日追記】その後、作者の方から連絡いただきまして、詳細にルールをお教えいただけました。ゲームマーケット2018秋までには、分かりやすく書き直したルールを用意して、公開されるとのことなので、今後は安心してプレイできそうです。


最初、混乱したけれど、これだ! って決めたルールで遊んだら面白かったよ

カード足りなくなったけどね

なんで足りなくなっちゃうんだろうねえ