雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

1体1のチキンレース『腰抜けやろう!! MONO』の感想


f:id:sinden:20180908152117j:plain
 GALLERY OUCHIさんのゲームマーケット2018春の新作『腰抜けやろう!! MONO』を遊びました。
 2人専用のバースト系のカードゲームです。


 2年ほど前でしょうか『腰抜けやろう!!』を遊んだことがあります。
 カードがフルカラーではなく、モノクロになっていたことから、てっきりオリジナルの版が完売したので、より安価にするためにモノクロにして、タイトルも『腰抜けやろう!! MONO』に改めたのだと思いましたが、違いました!


f:id:sinden:20180908152155j:plain


 最大の変化は、プレイ人数でしょう。
 2人専用ゲームに変わっていました
 ドイツゲームの潮流に乗って、表現するならば『腰抜け野郎!! デュエル』みたいな感じです


 と言うわけで、プレイ人数が変わり、それに合わせてカード枚数を調整しただけでしょ。くらいのテンションで挑んだのですが、予想外に面白くなっていて驚きました。
 ルールの根底に変化はありません。山札からカードをめくり、一定値を超えてしまうと、バースト、脱落です。
 山札からめくられるカードは、当たり前ですがランダムなので、運が良ければ、楽勝でチキンレースに挑めますが、運が悪けれど、苦しい戦いを強いられることになります。
 端的に言うと、プレイ人数が少なくなったことで、運に左右されることが少なくなりました。


f:id:sinden:20180908152223j:plain


 この手のバーストゲームの面白さのひとつに、確率への期待、と言うのがあります。
 10回に1回はバーストで脱落する、という場面であれば、まあ攻めるが吉でしょう。しかし、これが5回に1回だったら? あるいは2回に1回だったら?
 彼我の得点差や、状況を加味して、果敢に攻めるタイミング、撤退するタイミングを見定める。これがバーストゲームの面白さです。


 しかしながら、複数人で遊ぶ場合、5人に1人は、運の良いプレイヤがいるものです。
 そうすると、そのプレイヤに勝たせないためには、どんなに分の悪い、辛い賭けでも挑まなければならないときがあります。
 しかし、プレイヤが2人だけだったら。
 運だけでは勝つことができません。


 繰り返しになりますが、ルールの根底に変化はありません。
 ただ、プレイ人数が2人になっただけです
 にも関わらず、ゲームは、とても面白くなっています
 ふしぎなものですね。
 ゲームデザインの妙を垣間見ました。こういう発見があるからゲームは、止められないですね。


私、前のゲームも遊んでるんだけど、なんでモノクロにしたんだろうね

予算の都合じゃない?