雲上四季

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

スパイ体験アトラクション『inSPYre(インスパイヤ)BLACK-MAXを壊滅せよ』初挑戦したけれど面白かった!

f:id:sinden:20180911210319j:plain
 特定の空間で、作中の人物になりきって遊ぶような、いわゆるリアル体験型のイベント全般が好きな秋山です、こんにちは。
 今日は新宿歌舞伎町にある『inSPYre(インスパイヤ)』訪問体験レポートです。

inSPYre(インスパイヤ)とは

 まずは、公式の説明をご覧ください。

inSPYre(インスパイヤ)は、本格スパイ体験アトラクションです。


都会のど真ん中に突如出現した廃倉庫。そこは世界征服をたくらむ極悪組織BLACK-MAXのアジト。
皆さんは彼らの悪事を阻止するために、スパイ機関inSPYreから派遣されたエージェントとして数々のミッションにチャレンジしていただきます。
複数のミッションと複数ある攻略ルート。正解は毎回変わります。


これまでに無い、新感覚アトラクションinSPYre。
あなたはコンプリートできるか!?

http://inspyre.jp/about

 ストーリーは、下記の通りです。

我々は「inSPYre」。
国際的な凶悪犯罪を撲滅するためのスパイ機関である。


近年、我々がその存在を最も危惧しているのは「BLACK-MAX」という悪の秘密結社だ。


BLACK-MAXとは、ジュネーブに本社を置く世界的な大企業「MAX社」の裏の顔で、発足当初より世界征服を目標に掲げ、秘密裏に兵器を製造し裏ルートでさばいたり、各国の防衛システムをハッキングし他国へ売り払ったりと、目標の為に手段を選ばず、悪事の限りを尽くしている最も極悪非道な組織である。
そのBLACK-MAXが、ついに日本に進出してきたようだ。


我々は彼らの野望を阻止するため共に闘うエージェントを求めている。
それも君たちのように、強靭な肉体と精神力、そして優秀な頭脳を併せ持ったスーパーエージェントだ。


我々と共に戦い、世界の平和を守ろうではないか!

http://inspyre.jp/about

事前の印象

 事前の予想としては、SCRAPのリアル潜入ゲームっぽいゲームなんだろうな、でした
 また、誰に聞いたか失念しましたが、室内型サバゲー、と聞いた記憶があって、てっきり受付でベストとモデルガンを渡されて、巡回するスタッフと撃ち合いながら、敵アジトに潜入して、情報を収集して脱出するゲームだと思っていました。


 が!


 ぜんぜん違いました!!


 思っていた以上に頭を使い、思っていた以上に面白かったです!!


 いや、もう、ほんと。詳しくは後述しますけれど、何事も経験ですね。
 勝手な思い込みで食わず嫌い、ダメ絶対、ですよ。

実際に遊んでみて

 ワンプレイ無料券を入手して「無料なら試してみてもいいかな~」と軽い気持ちでの挑戦でした。
 100円で個人カードを発行して貰い、待ち合わせスペースで待つこと10分ほどでしょうか、6チームほどが同時に呼ばれました。
 ステージに入る前に、映像でストーリーとゲーム参加にあたっての注意点の説明を受けたら、いよいよ入場。まず、チームごとに異なる個室に入るよう指示を受け、その小部屋でミッションを受けます。
 どうやら最低でも6種類の異なるミッションが用意されており、通された個室によって、遊べるミッションが決まるみたいです


 ゲームスタートと同時に、端末に送られてきた指示をチーム内で共有し、指示された部屋へ向かうことになります。
 ステージ内には、迷彩服(?)のような制服に身を包んだスタッフが何名かいましたが、特に見つかってもおとがめがあるわけではなく、まるで彼らの視界にゲーム参加者は入っていないかのようでした。おそらく、備品を乱雑に扱ったり、張り紙を剥がすなどの行為があったときに注意するだけなのでしょう。


 そんなわけで、誰の注意を受けるでもなく、最初のチェックポイントに向かいます。
 そこでは、ちょっとした謎解きと、ちょっとしたアクティビティがあり、それをクリアすると、次の目的地が教えられるので、大急ぎで向かいます。
 けっこうステージは広く、他のプレイヤを見かけましたが、目的地がバッティングしたり、他のプレイヤが邪魔になって動きを阻害される、みたいなことはなかったです。


 そんなわけで、次々とミッションをこなし、いよいよ最後の……! と言ったところでタイムオーバー。与えられた全ミッションをクリアし、脱出することはできませんでした
 受付時に「初プレイでは絶対にクリアできませんので、繰り返しのプレイをオススメします」と言われたことを、この瞬間に思い出しました。

待ち合わせ場所に戻り

 ゲーム中に取ったメモを、全員で覗き込みながら、早速、反省会です。
 ここの情報は使わなかったねだとか、この工程はすっ飛ばせるから次は、もっと迅速に進めるねとか、ステージ内の間取りは頭に叩き込んでおかないと迷子になって無駄に時間を使っちゃうね、とか。
 その後、


「どうする? もう1回、遊んじゃう?」


 と、振った直後に気が付きました。
 そう、前回と同じミッションが割り当てられるとは限らないということに。
 少なくとも6つはミッションがあるわけで、むしろ同じミッションは割り当てられないほうが確率的に高いです。次回も、右往左往している内に、タイムオーバーとなることでしょう。
 そんなときに、発見していまいました、

遊び放題! ミッドナイトパス \3,480

http://inspyre.jp/price

 1プレイ980円ですが、5プレイなら3,480円(つまり1プレイ696円)。そして、ミッドナイトパスなら23時半から遊び始めて、4時半まで遊びたい放題です。1プレイ10分という時間制限を考えると、これが、いちばん効率的です。


「……よし! また来よう!!」


 こうして我々の冒険は、ひとまず幕を下ろすのでありました。

終わりに

 と言うわけで、結局、無料券による1プレイしかしませんでしたが、満足度は、極めて高かったです
 いちばん良いなと感じたのは、肉体的な要求度合いが低かったことでしょうか
 SCRAPのリアル潜入ゲームも面白いのですが、ちょっとドキドキし過ぎるのと、身体をうまく制御できるプレイヤが相対的に有利である、というのがあるんですよね。
 その点、こちらは、より頭脳戦という印象でした。
 いずれ一晩、遊び尽くしてクリアを目指しますので、首尾よく脱出成功できたら、またレポートします。


思った以上に良かった!

分かる、食わず嫌いはよくないね

リアル潜入ゲームより良かった

珍しく伏せ字にしなかったね

10分っていう時間制限もいいよね。ちょうどいい感じ

10分1000円と考えると、ちょっと高い気もするけれど、まあ、CUBEみたいなものか……

他の人たちと、かち合わなかったのも良かった。集中できる