雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

夫婦または恋人にオススメな初めての謎解き


f:id:sinden:20180917145527j:plain
 夫婦共通の趣味は、謎解きとボードゲーム!
 皆さん、こんにちは。秋山です。
 普段は遊んだ謎解きやボードゲームの感想を書いて、最後に少しぺこさんのコメント(我が家ではぺコメントと呼んでいます)を貰っていますが、今日は、対談風に「夫婦または恋人にオススメな初めての謎解き」について議論することにします。
 では、どうぞ!


始まりました! 今日のお題は、夫婦または恋人にオススメな初めての謎解きです。では、早速、参りましょう

2人っきりで遊びたいか、他のひとがいても平気かによるよね。2人っきりが良いなら周遊が遊びやすいよね。周遊は、逆に3人以上はどうなんだろう。周遊は2人がベストだよね。まあ、1人でもいいけれど。周遊って何人がベストだと思う?

いきなり主旨が変わってビックリだよ。今日のお題は周遊の最適人数じゃなくて、夫婦または恋人にオススメな初めての謎解きだよ。で、話を戻して、2人で遊ぶなら東京ミステリーサーカスの『絶望トイレからの脱出』か『ある刑務所からの脱出』、東京ミステリーサーカス以外なら、なぞともカフェの各種CUBEが良いと思う。ただ、時間制限のある公演は、わちゃわちゃするので、2人の時間を大事にしたいという観点なら、確かに周遊の方がオススメな気はする

『絶望トイレからの脱出』は工程数が多いから、初めてっていう条件なら『ある刑務所からの脱出』の方が良いんじゃないかな。周遊だと、どこかに出かけたついでに遊べるのが良いよ。買い物のついで、とかさ

周遊だと、やっぱりタカラッシュさんが優れているように感じるね。買い物のついでという考えなら、ちょうど川崎のラ・チッタデッラで『Mr.Cittaからの招待状』が始まったよね。あれ、近いから今度、行こうよ

いいよ。行こう。3人以上の場合は、何人がいいかな。4人かな、5人かな、6人かな……?

2人っきりである必要がないなら、人数は多ければ多い方が良いと思う。たとえば、4人1チームだと、ひとりひとりの負荷が高い。でも、たとえば6人なら、初心者2人が混ざっても、経験者4人でカバーできる。10人1チームのルーム型もそう。まあ、ルーム型は時々、10人中8人が初心者っていうケースもあるけどね

4~6人のホール型より、ルーム型の方がいいかな。何故なら、探索要素があるから。謎が解けなくても、鍵を見つけられれば活躍できるし、嬉しい! ってなれるでしょ。でも、ホール型は、謎が解けないとしょんぼりしちゃうし、よく分からないうちに終わることもあるし、振り返ってくれるひとがチームにいればいいけれど、振り返ってくれないひともいるじゃん

ルーム型は……特にSCRAPのアジトを想定して言うけれど、部屋ごとにスタッフさんが必ずつくから、手厚いサポートを受けられるよね。彼らとしても、参加者の満足度を高めるのが仕事だろうから、遅れていればヒントをくれるし、何をすればいいか分からないひとにはアドバイスをくれるし

ルーム型は「みんなで○○やれ」みたいので、一体感を得られるのもいいよ。ホール型だと、私は4人かな。4人は、2人と2人で組めるじゃん。6人だと、4人と2人で組むこともあるじゃん。特に『ある実験室からの脱出』が、初心者向きで良かったと思うよ

ああ、20分で終わるやつね。あれは、スピーディで良かった。でも、司会が大変だよね。休憩時間が少ないから、体力がゴリゴリ削られるよ。って言うか、もう終わった公演を勧めるのは、どうかと思うよ

じゃあ、今も遊べる公演のなかから選ぶなら『不思議な晩餐会へようこそ』! あれはいいよ。キラキラしてるし、女の子は好き。なんかSCRAPの話ばっかりになっちゃった。でも、よだかのレコードは勧められない。うーん、よだかのレコード良いけどね。最初はSCRAPでいいと思うよ。NAZO劇も良いと思うよ、年末のサンタ姫は好きだよ。紙にひとりで黙々と向き合うよりも、茶番要素がある方がいいよ。メルエ! だったら、メルエだよ!

リアル型ゲームは、ある程度、参加者の想像力によって補完されるところがあるから、最初は大道具/小道具/音響等、高品質の公演に参加した方がいいかもね。その点、SCRAPは最大手ということもあって、細部にお金を掛けているから、無難だと思う。コラボ作から入るのもありだと思う

オリジナルよりもコラボの方が、最初は良いと思う。話は戻るけれど、なぞともカフェのCUBEは良いと思う。複数回、参加できるし、お金かかるけれど。気軽に遊べるし、1回のプレイが安いし短いから、とりあえず試してみて合うか合わないかを考えられる。カフェだから待ち合わせもできるし。とりあえず、東京ミステリーサーカスに行っても良いけどね。休日は混んでるから

なぞともカフェも休日は混んでると思うけどね。さて、そろそろまとめましょう。2人で遊ぶ周遊なら、タカラッシュブラックレーベルさんの『古書店まんせい堂奇譚』がオススメ。読む分量が多いのですが、ふたりでベンチに座って、肩を寄せ合って読めば、ふたりの仲もグッと縮まることでしょう

ホール型なら『不思議な晩餐会へようこそ』ディズニーランドのパレードが好きなひとは、好きだと思う。キラキラしてるからね! 謎解きだからInstagramには上げられないけれど、インスタ映えする。女の子は好きだから、彼氏がつれていってあげればいいと思う。その後に、ほんとのレストランを予約しておけば完璧だよ

ルーム型は、今なら『ときどき監視員が見回りに来る部屋からの脱出』かな。探索要素と謎解き要素がバランスよくあって、謎解きが苦手なひとも、きっと活躍できる場面があるので、広くオススメできる。少し前だと『進撃の巨人』とコラボした『巨人に包囲された古城からの脱出』が、ほんとうによくまとまっていて良かったけれど、残念ながら終わってしまった

コラボは好きな作品のコラボがやっていたら、やればいいだけの話だよね。安室さんが好きなら『公安最終試験からの脱出』とか、シャドバが好きなら『影に沈む世界からの脱出』とかね

では、こんなところで! ありがとうございました!

ありがとうございましたー、次回も見てね!

終わりに

 と言うわけで、夫婦または恋人にオススメな初めての謎解き、でした。
 次回は、夫婦または恋人にオススメな初めてのボードゲーム、にしましょうかね。
 いつになるか分かりませんが、よろしくお願いします。

合わせて読みたい

 ふたりの会話のなかに出てきたリアル謎解きゲームのなかで、感想を書き終えているものをいくつか紹介します。興味のある作品がありましたら、是非、それぞれのページをご覧ください。