雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

悟り悟られ奪い奪われ『ザ・悟り』の感想


f:id:sinden:20180911211344j:plain
 ろれるり堂さんのゲームマーケット2018春の新作『ザ・悟り』を遊びました。
 3~5人で遊べるブラフ系のゲームです。


 インパクトのある見た目です。
 円柱形の箱にはタイトルだけがシンプルに書かれており、箱を開けると真っ白のカードと、ぐちゃぐちゃの線が描かれたカードだけ。
 円形のカードと見た目から『髑髏と薔薇』では……?
 と、思ったりもしましたが、似て非なるゲームでした。


f:id:sinden:20180911211413j:plain


 ゲームの目的は「悟り比べ」を行って、最も深く悟るか、自分以外のプレイヤを脱落させること。
 最初の手札は、悟り3枚に雑念2枚なので、初期状態においては最大3枚までしか悟れないのですが、他プレイヤがプレイしたカードが悟りカードだと思えば「喝」を入れることで、その悟りカードを奪い、自分の悟りを深めることが出来るのです。


「喝」を防ぐためには、雑念カードを置くしかないのですが、そうしてしまうと自分の悟りが遠ざかってしまいます。
 いかに他プレイヤの「喝」を「雑念」で避けつつ、自らの悟りを深めていくかがポイントです。


f:id:sinden:20180911211432j:plain


 デザイナさんは、

本作は個人で楽しむ限りにおいて、各種カードでの代用プレイならびにカードの自作を公認します。
ルール読んでおもしろそうだな、と思った方は、トランプで遊んでみたり、オリジナルのカードを作って遊んでみてください。

http://gamemarket.jp/game/%E3%82%B6%E3%83%BB%E6%82%9F%E3%82%8A/

 と記載していますが、このゲームを楽しむためには、絶対に、このコンポーネントで遊んだ方が良いですね。真っ白の悟りカードを見るだけで、なんだか気分が高まるからです。
 プレイの内容が、実際の修行とは相反するというのも諧謔的で良いですね。楽しかったです。


テーマは面白かった

そうね、これが悟りじゃなかったら、ただのブラフゲームだよね

私、悟ったよ

ぼくは悟りを搾取されたよ