雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

美味しいケーキを提供しよう『パティスリー・トリックケイク』の感想


f:id:sinden:20180915111238j:plain
 こげこげ堂本舗さんのゲームマーケット2018春の新作『パティスリー・トリックケイク』の感想です。
 2人から6人まで遊べる、トリックテイキング系のカードゲームです。


 まず、パッケージが良いですよね。
 この見た目のインパクトだけで、もう勝ってる感あります。
 実際には、このゲームのために用意したのではなく、ほんとうにケーキ用の器を用意して、そこにシールを貼ったのではと思いますが、ゲーム内容含め、全体でコンセプトが統一されているので、非常にしっくり来ます。


f:id:sinden:20180915111349j:plain


 ゲーム自体は、マストフォロー系のトリックテイキングです
 写真では分かりにくいですが、秋山が手に持っているのはカードの表面が見えていて、テーブルの右上に並べているのは裏面を上にしています。つまり、各カードのスートは、裏を見ても分かるわけですね。
 なので、マストフォローするときに、外プレイヤの手札を裏から見て、


「このスートで攻めれば、あのひとと、あのひとはフォローできないから、あのひとだけなら勝てそう」


 みたいなことを考えつつ、リードを維持するというのが、有効な戦術となります。
 弱者救済の措置も、きちんと取られていて、負けた場合は、負けたカードを温存しておいて、いずれ一気に放出することができます。
 なので、フォローできず、負けることが分かっているシーンにおいても、どう負けるかが、けっこうポイントになります。


f:id:sinden:20180915111448j:plain


 可愛らしい見た目に反して、けっこう奥が深いトリックテイキングであり、弱者救済のデザインがしっかり組み込まれていて、不慣れなひとでも、一定の楽しみは得られるという点において、完成度が高いなと感じました
 重宝するゲームです。


入れ物が可愛いよねえ。後、お客さんの種類も多かった気がする

なるほど、言われてみれば多国籍だった