雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ガイスターより面白い『ガイスターギャモン』の感想


f:id:sinden:20180915111611j:plain
 Qliosさんのゲームマーケット2018春の新作『ガイスターギャモン』を遊びました。
 名作と名高い『ガイスター』と『バックギャモン』を組み合わせた2人用ゲームです。


 これは、なかなかに面白かったですね。
 タイトルにも書きましたが、かのアレックス・ランドルフの『ガイスター』より面白い! そう感じてしまいました。


f:id:sinden:20180915111649j:plain


 勝利条件は2種類。
 ひとつは、バックギャモンのように、自分の白いおばけを、すべてゴールに導くこと。
 もうひとつは、ガイスターのように、自分の黒いおばけを、すべて相手にヒットさせることです。
 基本的な流れとしては、自分の黒いおばけを犠牲にしつつ、白いおばけをゴールまで運び、相手のコマに関しては、黒いおばけに騙されないよう、白いおばけだけを邪魔することになります。


 優れているのは、移動方法ですね。
 1から5のいずれかの数を選び、ぴったりその分だけ移動させることができるのです。しかも、一度、選んだ数は、次の手番には、連続して選べないという仕組み。
 これが、ほんとうに、よく効いています。
 要は、ほどよく予想ができるのですよね。
 最速で移動しようとするならば、当然、4と5を選ぶのが最適ですが、そうすると、次のラウンドは1から3までしか選べません。しかし、その状況下だと、相手に移動が予測されやすいので、よりヒットされやすくなってしまいます。なので、適度に、次手番の自由度を残すように、移動に用いる数を選ぶ必要があるのです。


f:id:sinden:20180915111737j:plain


 考えれば考えるほど奥深い、味わいのあるゲームでした
 非常にオススメです


私、ガイスター遊んだことないんだよね

え!? うそ、ほんと? うちに2つもあるから、今度やろう!