雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

はっけよい、のこったのこったのこったのこったぁ!『はっけよいゲーム』の感想


f:id:sinden:20180919203516j:plain
 米光と優秀なゲームデザイナーズさんのゲームマーケット2018春の新作『はっけよいゲーム』を遊びました。
 2~4人で遊べるとのことで、2人プレイ、3人プレイ、4人プレイ、それぞれ試しましたが、実質、2人用ゲームという印象です。


 ゲームは前半と後半とに分かれており、前半は「はっけよい」が揃うまで場札をオープンドラフトし手札を調整し、「はっけよい」が揃った後は、いよいよ後半戦、のこったカードを出し続けられた方が勝利するカードゲームです。
 何と言えば良いのですかね。
 ある種の、洗面器です。
 全力で息を溜める前半に、溜めた息を使って少しでも長く潜り続けようとする後半。


f:id:sinden:20180919203554j:plain


 やってることは辛い感じなのですが、


「のこったぁ!」


「のこったのこったぁ!」


「のこったのこったのこったぁ!」


 とお互いに叫び合っている内に、なんだか楽しくなってきちゃうんですよね。
 4人プレイだと、一巡もしないうちに終わったりすることがあるので、2人プレイ推奨です。


私、これ遊べなかった

そう言えば、そうだった。4人でやって「はっけよい」出来なかったから、3人でやったけれど「はっけよい」できなかったから、ぼくは2人で遊べたんだよね

だって! 初手の「は」も「っ」も「け」も「よい」もなかったときのショックと言ったら。はぁ、だよ!!

はぁっていうゲームだね