雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

裏社会をコントロールせよ『たのしいアウトロー』の感想


f:id:sinden:20180919203703j:plain
 カラメルカラムさんのゲームマーケット2018春の新作『たのしいアウトロー』を遊びました。
 2~4人でさっくり遊べるカードゲームです。


f:id:sinden:20180919203756j:plain


 5枚のカードをドラフトし、3枚のカードをプレイして最も影響力を集めたプレイヤが勝利する、『あやつり人形』をシンプライズしたようなゲームです。
 最終的に、勝敗判定に要するのは影響力なので、高い影響力を持ちうるキャラクタは、他プレイヤに狙われ、病院送りの対象になりがちなので、いかに自分のカードを守りつつ、他プレイヤのカードを破壊するかがポイントになります。


 また、カードの獲得方法はドラフトによるので、自分のカードを殺しうるカードは、自分でキープしたり、後手番プレイヤに流したカードを殺せるカードを温存しておいたり、細かい判断が求められます。
 案外、ドラフトの入門にも、うってつけかもしれません。
 アートワークも、ポップでキュートですしね。