雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

より道を伸ばし、複雑な線をつなげ『passtally』の感想


f:id:sinden:20181005141051j:plain
 アナログランチボックスさんのゲームマーケット2018春の新作『passtally』を遊びました。
 色とりどりのタイルをボード上に配置し、出来上がった道の長さと複雑さに応じて点数が得られる、なんとも悩ましいゲームです。


 まず、見た目が華やかですよね。
 パステルカラーのきれいなタイルを、ボードに配置していくだけで、もうだいぶ楽しいです。
 ゲームは『メトロ』や『汽車は進むよ』に近しく、2点間を繋いだときの、より多くのタイルを経由することで、より高得点を得られるゲームです。
 手番が来たら、公開されている3種類のタイルのなかからひとつを選択してボード上に配置して、点数計算をします。
 けっこうアブストラクト感があって、考え始めたら無限に考えられます。


f:id:sinden:20181005141129j:plain


 攻略のコツは布石、でしょうか。
 短期的には、自分の陣地みたいなものを定めて、コツコツとタイルを重ねることで、着実に点数が得られますが、長期的には狭いようで広い盤面を駆使して、何度も同じタイルを使い回すことで、大量に点数が得られます。
 特にゲームが終盤に近づけば近づくほどに、相対的に移動コストが重くなってくるので
、中盤までに良い場所に自分のマーカーが置けていないとしんどいですね。


 可愛らしい見た目に反して、けっこう重いのですが、上手くコンボが決まったときは、けっこう快感なので病みつきです


列車感あった。どこに線が行ったか、よく分からなくなっちゃうんだよね。繋げるの楽しいけど

階数表記のトークンがあったりして、プレイアビリティが高いと思った

けっこう難しかったよ

でも、ぺこらさんが勝ったじゃない。圧勝だったじゃない

えへ