雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

リアル謎解きゲームをカードで体感『DECKSCAPE TEST TIME(デクスケープ:テストタイム)』の感想


f:id:sinden:20181005151027j:plain
 エッセン・シュピール2017で購入した、カード型の謎解きゲーム『DECKSCAPE TEST TIME(デクスケープ:テストタイム)』をようやく遊びました。
 国内では、ゲームストア・バネストさんが和訳つきのものを販売していたので、そちらを入手された方も多いかと思います。


 面白かった……です!
 タイトルは、カードデッキとエスケープを組み合わせた造語でしょう。国内では『デクスケープ』として流通していますが、個人的には『デックスケープ』と小さいツを入れたい感じです。
 タイトルからも察せられる通り、デッキ型になっており、1枚ずつめくりながら進めるタイプの謎解きです


 カードは、謎もしくはアイテムに分類されます。
 謎カードは表面に謎が書かれているので、「答えは……これだ!」と心の中で念じつつカードをめくり、裏面記載の正解を確認し合っていればOK、間違っていると1失点となります。
 謎を解いていくとアイテムカードを入手する機会もあり、それらのアイテムを組み合わせることで、新たな謎が解けたり解けなかったりします。


 プレイ時間は、和訳しながらと言うこともあり、1時間40分
 バネストさんの和訳があれば、1時間以内のクリアも可能だったかもしれません。
 いわゆる違和感を覚える謎は、ひとつもなく、どれもしっくり来ました。
 また、ストーリーも存外に悪くなく、と言うか、むしろ良くて、終盤が近づく中、秋山のテンションは、どんどん上がっていきました。


 総じて『EXIT』と比較すると、格段に良かったですね。
 と言うか『Escape room Das Spiel』や『ESCAPE THE ROOM』と比較しても『EXIT』は、一段か二段ほど下がるので、試しに海外の謎解きゲームを遊ぶなら『EXIT』ではなく、他の面白いのを選んでほしいなあ、と個人的には思います……。


 シリーズ第2弾の『DECKSCAPE The FATE of LONDON』も購入済みなので、近いうちに遊ぶ予定です。


マルチエンディングで面白かったよね

最後、けっこう悩んだよね

悩んだ悩んだ! え~、ヒントないのぉ! って思ったよ

あの質問は、ヒントとかそういう領域じゃないと思うよ

ストーリーが良かったよ。つながってる感あった