雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

今夜、星を見ながら夢を語ろう『ポケットプラネット』の感想


f:id:sinden:20181008013058j:plain
 きまぐれボックスさんの持ち帰り謎『ポケットプラネット』を遊びました。
 2018年8月10日に開催されたコミケ94が初出とのことですが、秋山は10月8日に開催されたナゾガク2018で購入しました。

あらすじ

『知ってる?430年前の光なんだって。』


天文学部の第二の部室、満天の星がみえる高台。 北極星に向けて天体望遠鏡を設置していると、彼女は唐突に話し始めた。
「自分たちが生まれる前の光をみて、空に夢をみるの。
大人も子供も、言語や文化も関係ない、この星空をみて感動するの。
それってとても神秘的なことだと思わない?」
「実はね、私にも夢があるんだ。」
そういうと彼女は、とりためた天体写真を差し出した。

https://nazogaku.wixsite.com/nazogaku5th/kimagurebox

感想

 ロマンチック~!
 きゃー、もう、恥ずかしい。
 最初のストーリーを読んで、なんだかモジモジしながら謎を解き始めたら、謎は謎で、えらい解き応えがあって「やっるぅ~♪」みたいな感じです。


 ところどころヒントをちょい見して、プレイ時間は、ぴったり1時間。
 途中、一部、深読みして、自らドツボにはまっていったところはありますが、最終的には、きれいに収束するところが見えて感動しました。
 美しい。
 そう、美しい謎でした。


 エンディングが、これまたロマンチックで、もう困り果てました。
 いや、もう、恥ずかしい。
 いい話でしたよ、ほんとうに。


はじまりが『秒速5センチメートル』みたいで良かった

え? あ? うん、そう……かな、そうかも

謎もテーマに合っていて、ロマンチックで良かったよ。ああいうストーリー好き。いいよね

グッと来るよ

合わせて読みたい

 ナゾガク2018関連の記事は、こちらにまとめました。
 よろしければ、ぜひ、他の記事も読んでください。